2021/2/27

インド 18c スマトラ向け”茜描き染め格子模様”インド更紗裂  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド南東部 コロマンデル海岸エリア Coromandel coast
製作年代(推定) 18世紀
渡来地・使用地 インドネシア・スマトラ島
素材/技法 木綿、天然染料 / 手描き(カラムカリ)、媒染、片面染め
サイズ 27.5cm×21.5cm

細太の糸を交えた手紡ぎ木綿の触感がある”鬼手(おにで)”木綿地に、カラムカリ(手描き)の技法により細密な格子模様が染め描かれた、18cインドネシア・スマトラ渡りのインド更紗裂。

下に掲載の参考画像の作品のような、上下に鋸歯文様を配したスンバギ様式のインド更紗の本体柄及びサイドボーダー柄であったと考察される部分裂で、縦横ともに明礬媒染(=赤に発色する)の線を約2mm間隔の二重線(二筋縞)で描き上げ、その間に明礬+鉄漿媒染(=紫に発色する)を塗り、茜染料に浸染することで、二色遣いの格子模様を表現したものとなります。

一見するとラフな染めとも思えますが、全形では横幅1m前後・縦2m前後の長さの布上に手描きの二重線をむらなく引き、さらに二重線内の1.5mm程度の隙間(無数の隙間)に点々と紫に染める部分の媒染液を筆(カラム)で置いていくことで細部に破綻の無い模様を完成させており、並々ならぬ手技と根気が加えられた染め布と言うことができます。

和名をあてると「白地細格子花唐草模様」となる一枚で、インドネシア渡りですが、日本渡りであっても違和感の無い、明らかに数寄者好みの意匠のもので、質感ある手触りの鬼手木綿と、緻密でありながら枯淡な雰囲気を湛える手描き格子模様に得も言われぬ滋味が薫ってまいります。

縦横の直線で構成される単純模様でありながら出来上がりの表情は硬く神経質な雰囲気とはならず、大らかで柔らか味や伸びやかさがある、古渡り期インド更紗の実力を感じる一枚です。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





●参考画像 手描きで格子状模様が描かれた近似する意匠のインド更紗
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

※上画像は京都書院刊「知られざるインド更紗」より転載いたしております





クリックすると元のサイズで表示します






●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ