2021/4/16

19c 小花紋 ペルシャ錦(ブロケード織物)裂  染織




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ペルシャ 或いは ペルシャ向けインド製
製作年代(推定) 19世紀
素材/技法 絹 / ブロケード(平地・緯紋織)
サイズ 幅(緯)28.5cm、縦(経)48cm 同サイズが2枚

19世紀にペルシャ或いはペルシャ向けにインドで手掛けられたブロケード織物裂。

織り組織(経緯)は撚絹、絵緯は不撚の多色絹を素材とする平地・緯紋織の技法による緻密なブロケード織物で、華やぎと落ち着きを兼ね備えた紅赤地に織り描かれた優美な花模様、ペルシャ宮廷やムガル宮廷で好まれた傾きを加えた”小花紋”の連続模様に固有の気品と格調高い様式美が濃密に薫ってまいります。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ