2022/1/25

古渡りインド更紗 龍虎  染織




クリックすると元のサイズで表示します

18世紀 シャム王国渡り 黄地龍動物(菩薩)文様 部分裂
当店ご紹介品 



クリックすると元のサイズで表示します

18世紀 日本渡り 黄地花卉豹文様 部分裂
井伊家伝来 彦根更紗 

ユニークな色遣いと表情は、現実の虎や豹というより、どこか空想上の獣を思わせます。インド更紗は近世の日本でも珍重され、本作は彦根藩井伊家に伝来しました。鮮やかな赤色は、茜で染め出していると考えられます。南アジアの独特な虎・豹の表現がわかる作品です。

上画像・文は東京国立博物館「博物館に初もうで 今年はトーハク150周年!めでタイガー!!」
に展示(会期:令和4年1月2日〜30日)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ