2010/10/5

19cラーンナー様式 木造・仏立像  技巧・意匠・素材




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 タイ北部 ラーンナー地方  
製作年代(推定) 19世紀

楕円形のお顔、弓形の繭、下向きに閉じられた眼、おちょぼ口を感じさせる唇、蕾型の肉髻、腕長のすらりとした体躯... 後期ラーンナー仏の形状上の特徴を有する木造の仏立像です。

本作品で目を惹かれるのは、体は朱漆、お顔は黒漆を使った色の塗り分け、そして寸足らずとも思わせる衣の裾となります。

下半身だけを見ると、クメールの神仏像を感じさせるような衣と足のバランスですが、この仏立像が、神々しさとともに、どこかコケティッシュな親しみ深さを薫らせる由縁は、お顔の表情と漆の塗り分け、そしてこの衣の裾と足にあるように思われます。見飽きることの無い仏様です。



クリックすると元のサイズで表示します
●ブロンズ製仏立像
タイ北部ラーンナー地方 17世紀

※上画像はRVER BOOKS刊「The SACRED SCULPTURE of THAILAND」より転載いたしております



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ