Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2005/3/27

明日から!!  日記

 いよいよ明日から4日間「サーカス物語」が上演されます。緊張しますね、具体的にチェックしなければならない事もまだたくさんありますので、明日また劇場で朝から頑張ります。

 夕方からは空きとなりましたので、招待状をいただいた舞台へ行ってきました。大学のときの先生で、ミュージカル「アニー」の演出をされていた篠崎光正先生演出の「詩劇 象とおじさん」「朗読 朱雀門」の二本立て。シンプルな空間で見やすい作り方、そしてテンポのよさは篠崎先生ならでは。大学の授業のときに朗読をやりましたが難しかった。発音も含めて篠崎先生は組み立てる方なので、平べったくしゃべりがちな若者には難解でした。
 今日も少しレクチャーがありましたが、「母」は「ハハ」となります、二音目の「ハ」は奥まった発音に変わります。ポルトガル語もまさにこういったことが重要です。一口に「ア」といっても、喉で言うのか、舌先にのせるのか、口の開きを大きくするのかしないのかと様々な発音の仕方があります。ファドをやりだしてから、ラテン語は日本語とちがって発音の組み合わせで言葉にリズムが出てきたりしておもしろいなと思っていましたが、日本語にもたくさんそういうものがあるということを今日思い返すことができて、改めて師に感謝です。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ