Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2009/3/15

transmitir à posteridade  2009年リスボン日記

この師匠に出会えて本当に良かったと今日は思った日だった。

カスティーソの「Fado zé grande」に最近取り掛かり始めている。以前とあるファディスタが歌っているのを聴いて気に入り、彼から歌詞を教えてもらった。今日はギターと初めて合わせてみた。すると「そのメロディーは間違いなんだよ」と師匠とギリェルメさんが口を揃えていった。「誰かがメロディーを替えて歌って、それがCDとかで広まってはやってしまい、正しく歌えない人ばかりだ。若い人に限った事じゃない、ベテランでさえそうなっている。」二人はそう嘆いた。

CDやインターネットの普及で、私たちは個人個人でいろいろなことを知ることができる。ファドの世界もその影響は勿論受けている。時々師匠と車の中でお薦めの歌手のCDを聴きくことがあるが、「こんな風に歌える人はもう少ない」と師匠は言う。このことは4年前から聞かされていたので、参考音源には気をつけていた。CDがあまり普及していない時代に育ったルッシ−リア・ド・カルモ、マリア・テレーザ・デ・ノローニャ、そしてアマリア等、「偉大なるファディスタたち」の録音を聞いて口承伝達されてきたファドを参考にしてきた。

また、現地で直接教えてもらったりしてできる限り「伝わってきた歌いまわし」を歌うようにしていたが、知らず知らずのうちに影響を受けていた。外国人の私では気づけないところがやはりあることに危機感を感じた。

師匠はメロディーを改めて教えてくれた。教えてもらいながら、本当に私は幸運だったと感謝した。この人はファド界の財産だ、これだけ正しく知る人はもう少ない。そして、伝統のメロディーはやはり深みがあるし、言葉運びに面白さがでてくる、何よりポルトガルギターで弾く事の意味がよくわかる。時は流れて時代も変わる、歌い方にも流行・廃りはあるがこういった伝統は知る必要があると私は考える。職人芸とはそういうものではなかろうか、型を知った上で独自のやり方に目を向けられる、これはどんな芸能でも言えると思うし、独自性を失わないためのには重要だ。偶然店に立ち寄っていた師匠の息子のリカルドが、この様子を慎重に見ていた。やはり父の持つ伝統の力は偉大なのだと、一流ギタリストのリカルドの眼差しが言っていた。

今はインターネットで歌詞も調べられるけど、これも是非注意していただきたい。私もインターネットを利用して調べることがあるけれど、必ずファディスタやギタリストたちに確認をしてもらっている。ポルトガルのサイトでさえよく間違いがあるので、現地でも鵜呑みにしてはいけないというのは常識だ。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ