Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2005/4/14

人生勉強  日記

 本日より日本舞踊を習い始めました。藤間蘇女丸先生のお稽古です。大学以来のお稽古です。個人的に習うのは初めてなのでとても楽しみにしていました。
 初回は事務所の同期の神田紫乃ちゃん、新井恵理ちゃんと三人で合同のお稽古でした。今日はまず浴衣の着方からスタート。大学では大人数の授業なので細かいところまでは一人一人見てはくれませんでした。こうやって初歩からじっくり教われるので本当にありがたいです。着替え後は挨拶の仕方・襖の開け閉めの仕方・たち座り・お扇子の扱い方・袂のさばき方・歩き方(すり足)をやって、踊りも少々やりました。
 久しぶりに日舞を踊りました。着物は日常でもよく着用するのですが、踊るのは久しぶり、気持ちいいです。気持ちがしゃんとします。やっぱり私は日本人だなあって感じます。好きなんですよ和の世界。

 どんな芸術にも共通すると思いますが、動作一つ一つに必ず意味があります。今日の日舞はそのかたまりです。振りは右手からなのか左手からなのか・何を意味するのか、必ず理由があって、同時に無駄なものはどんどん省きます。今までバレエ・ジャズダンス・狂言・歌唱等いろいろやってきましたがどれもそうですね。振付師はイメージを足の一歩にまで求めて振付けますし、楽譜の一音一音を作曲者はこだわってかくし、戯曲も一字一句に血が通っています。ファドも同じだなとつくづく思いました。
 私は女優であるし、ファディスタでもあるし、ダンサーをすることもあります。一体何がやりたいんだという人もいますが、表現がやりたいのでこれだけというのはありません。理由は上記です。手法はちがっても根源は同じだからです。特に売りとするのは女優・ファディスタなのですが、まだまだ自分の可能性を伸ばしたいし、女優・ファディスタをさらに伸ばすためにはダンスも日舞も必要。そんなわけで、人生修行の日々は続きます。勿論遊びも必須



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ