Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2005/6/13


 今日は寮生のスペイン人のヴェロニカ一家とアルファマへ。ファドが大好きで、アルファマのファド・ヴァディオ(お客がどんどん歌う)でよく歌う彼女。スペインから来ている両親とパテオに行きたいとのことだったが、今日はパテオはお休みなので、みんなでアルファマへ。閉まっていたり満席だったりでいろいろまわって、Gutarras de Lisboaという新しいプロフェッショナルのお店へ。
クリックすると元のサイズで表示します

 店内やサービスはとても感じがいい。トイレも綺麗。ちゃんと一人一人使えるようタオルが置いてある。間接照明もいい感じ。食事も薄味で日本人好みだった。

 ファドは歌手はいまいちだったけれど、ギターが上手かった。昔ながらのファド弾きの世界、私はとっても好きだった。歌手に曲名を聞きにいったら、話の流れで歌わせてもらえることに。特訓したばかりの曲を歌う。大好きな一曲。ギターラの音が本当に心地いい。導いてくれるし、世界を共有できる感覚が音からわかる。いままでになかった歌になった。
 実はポルトガルギターの方は1993年にアマリアと一緒に来日しているルイス・リベイロさん。ちょっとした大物と共演させていただきました。
 でも、よく考えてみたら、いつも教えてくれるアントニオ・パレイラ氏もアマリアとやっていた人。えらそうじゃないから忘れちゃうんですけど大物です!
クリックすると元のサイズで表示します
(ルイスさんと歌う。左がルイスさん。中央は私、暗い・・・。)

クリックすると元のサイズで表示します
(ヴェロニカと。アマリアが大好きな彼女。)

 帰りにファド博物館で弾いていたりカルドとばったり。続いて福田官房長官似の弾き語りファド歌手ルイス・トマールとばったり。アルファマってこんなもの、狭い。しっかり顔も覚えてもらいました。嬉しいばったりです。

2005/6/13

おまけレポート サント・アントー二オ祭 パレード  2005年6月リスボン日記

 リベルダーデ大通り(自由の道の意味)でおこなわれたパレードをご紹介。写真のぶれはご容赦ください〜。

 23時ごろからスタート。長いとおりにはスタンドが10箇所ほど設置され、座って見られるようになっている。パレードは基本的に通りを下りながらスタンド前で止まってパフォーマンスをする。基本的には振り付けというより隊形移動で見せていくパフォーマンス。二拍子で女性は腰を振って大きなドレスを揺らします。
 こんなにリスボンには人がいたんだ!というくらい人が溢れ返っての盛り上がり。しかしながら、やはり日本よりは少ない。

クリックすると元のサイズで表示します
(鹿糠さんとパレードを待つ)

1.アルファマ地区
 残念ながら到着したときには通り過ぎてしまっていて見られませんでした。

2.カステロ地区
クリックすると元のサイズで表示します
 このおかげで謎が解けた。最近出店で小さな鉢植えがよく売られている。祭り時によく見る正直ちゃっちい感じの鉢植え。小さな木が一つだけ。この地区はその鉢植えのオブジェを抱えて登場。鉢植えは縁起物のようだ。

3.センテナリオ地区
クリックすると元のサイズで表示します
 赤と基調とした衣裳で登場。

4.グラサ地区
クリックすると元のサイズで表示します
 仮面舞踏会のような雰囲気でした。

5.バイロ・アルト地区
クリックすると元のサイズで表示します
 それぞれのボードの裏にバイロ・アルト名物の写真がはってある。ポルトガルギターにグロリア線のケーブルカーに展望台。

6.アルト・ド・ピナ地区
クリックすると元のサイズで表示します
 見えづらくてごめんなさい。「アマデウス」!?と思っちゃうくらいみんな白いカツラ姿。若者が多い地区で,ちょっと悪ふざけが・・・。

7.サン・ヴィンセンテ地区
クリックすると元のサイズで表示します
 ここにも鉢植えが登場していました。

8.カンポ・リデ地区
クリックすると元のサイズで表示します
 この地区はゆっくり進んできました。後ろがつかえてましたが気にしません(笑)。ピンクを基調とした衣裳。女性の踊りは腰を振ることが基本。大きなふくらみのペチコートなので、その降り方は予想以上にハードでした。

9.ビカ地区
クリックすると元のサイズで表示します
 海をテーマにしたパフォーマンスのようでした。私に見る場所を譲ってくれたご夫妻が「ここの地区はいつも上手」と言っていました。たしかにまとまっていました。全員がひざを着いてポーズをとると歓声と大拍手。正直あんまりたいしたことはしてないのですが、それは関係ないのがポルトガルっぽい。

10.マドラゴア地区
クリックすると元のサイズで表示します
 この地区はとってもおもしろかった。みんな裸足。基本的に音楽はファドと同じ二拍子なんですが、この地区は途中8分の6拍子になってワルツを踊りだす。これがとってもキュート。かざりは貝に大きな真珠がのったもの、こちらも海がテーマのよう。

11.オリヴァイス地区
クリックすると元のサイズで表示します
 こちらの衣裳は素敵でした。カーネーションがテーマ。白と緑と赤の衣裳と飾り。大きなカーネーションがとってもいい。

12.ベアト地区
クリックすると元のサイズで表示します
 ここは女性のスカートが突然カラーチェンジするパフォーマンスを披露。写真はチェンジ後。チェンジ前は一人目がオレンジ、二人目が緑、三人目が黄色というように三種類の色順に並んで登場。隊形変化中にスカートをチェンジ。綺麗でした。

13.ルイマール地区
クリックすると元のサイズで表示します
 最後の地区がこちら,ファドを思わせる飾り。この飾りの裏側には酔っ払いの男の飾りが。おもしろい。女性の肩には黒ショールがついていた。

 計13地区の競演でした。小さい子供も出演してのお祭り騒ぎ。イベント的な祭りがこっちの大通りで、実際はアルファマが大フィーバー。教会やバーのあるアルファマは人でごった返していました。ファドはやってませんでした。朝までこの騒ぎは続きそうでした。皆さんも是非リスボンでビールといわしでお祭りに酔いしれてください。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ