Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2005/6/19

辞書がお友達  2005年6月リスボン日記

 「冗談を言いながらポルトガル語を覚えるのが一番いい」というパレイラ氏、くっだらない冗談をいいながら、演奏の合間に英文作成ならぬ葡文作成。アントニオ・パレイラ氏の妄想劇場。私は話した内容をポルトガル語でノートにどんどん書いては読む。月本さんと3人で大爆笑学習。
「一人でこんなところでどうしたんだ?」
「考え事していたの。(以下、パレイラ氏の脚本)遠い日本にいる恋人のことを考えていたの。でも世界中に恋人はいるんだけどね」
とか。
「一史にぞっこんなの」
とか。
「和大に淡い恋をしているの」
とか。
「ポルトガルでは俺のファディスタ、日本ではトゥミ(月本さんのニックネーム)のファディスタ」
とか。
 確かにこういう内容は笑えるし、構文が多いので結構高度。調べるのも楽しい。パレイラ氏大喜びで葡和辞典を引いては私に解説する。こういう細かいことが大好きな人。今日はおかげでかなりポルトガル語が上達しました。もちろんまともな会話もいっぱいやってますー。辞書がはなせません。

 で、昼間練習したファドを聴いてもらい、新曲の発音とメロディーを録音してもらい、LとRに悪戦苦闘し、今日も二曲歌う。日本人ご夫妻が一組常陸からいらっしゃっていました。楽しんでいただけたようで何よりでした。

クリックすると元のサイズで表示します
(寸止め2センチの路上駐車!バスもスレスレで通るポルトガル。交通事故死亡世界トップ、けっこう恐いです。)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ