Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2005/9/8

carta(手紙)  日記

 日舞のお稽古でした。地唄舞の3分の2ぐらいまで振りが進みました。あせって進まずにじっくりと仕上げてゆこうという計画でやっています
 バレエ育ちの私は、洋舞の基礎のほうが体に染み込んでいるため、ふとした瞬間に首と肩の使い方が洋舞になってしまいます。今日もその壁にぶつかっていました。バレエ・ジャズに関しては長くやっていたおかげで綺麗に見せるための基礎がわかるのですが、日本舞踊はまだまだ。細かい使い方が沢山あるので大変です。首は特に難しい。そこには肩の上げ下げも連動してくるので下手にくねくねするわけでもなし、しかし、これがわかれば相当な進歩になります。師匠の美しいこと・・・、修行は続きます。
 
 今日はポルトガルから嬉しい手紙が!リスボンのアントニオ・パレイラ師から手紙が届きました。(もちろん全文ポルトガル語。)彼は昔代筆の仕事もやっていたのでポルトガル人のなかでもかなり字が丁寧で綺麗な方です。この筆跡が好き。だいたいの内容はわかりました、よかった。これをエネルギーにファドの練習も、新しく一曲歌えるようになりました!またライブでお届けいたします



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ