Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2005/9/20

Garganta(喉)  日記

 喉がちょっと痛いです。今日は劇団東少さんの「アルプスの少女ハイジ」の稽古でした。
 私が演じますペーターは元気いっぱい走って大声でしゃべります。「ハーイージー!!」と叫ぶことが多いので、これが大変。本番のそういう瞬間は音響さんがマイクのレベルを調整して飛ばないようにやってくださっています。
 今日は私が叫びつづけるシーンを連続でやったのでちょっと喉に痛みが。叫ぶとはいえキンキン声になっては困るので低音を意識して叫ぶため、より負荷もかかっているようです。なので稽古後はほとんどしゃべらないで喉を休めます。おとなしくしておけば翌日には回復しています。

 喉のケアといえばこんなことが。何度か共演させていただいたオペラ歌手の方に電話をかけた時のことです。呼び出し音が続き、留守電になったのでメッセージを入れておきました、するとすぐにメールで返事が来ました。
 「明日本番なので声を無駄遣いできなくて電話に出られませんでした、ごめんね。」という文面。
 これには衝撃が。声のお仕事の方は本当にケアが大事です、これもプロフェッショナルの証、感動しました。喉の強さはひとそれぞれですのでケアも様々ですが、これには本当に学ばされました。電話でさえもです、すごいです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ