Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2005/9/30

世界の笛  日記

 世界の笛を巧みに演奏する野田晴彦さんのライブに行ってきました。品川の素敵なライブラウンジでのライブでした。初めて聴きましたが、笛ってすごい・楽しい・魅力いっぱい!お薦めのバンドです。

「World Flute Spirit! 野田晴彦バンドライブ」
      世界の笛:野田晴彦
        ギター:小倉昌浩
        ギター:岩谷耕資郎
        ピアノ:赤星ゆり
   パーカッション:中村順一

 作曲家だった野田さんですが、96年から突然笛の魅力にとりつかれて演奏者としても活動を始めたそうです。
 「世界の笛」をライブでたくさん吹いてくれました。篠笛、リコーダー、アイリッシュ・ウィスル、ロウ・ウィスル、バーンスリ、笛子、そして名前もわから ない木の実で作ったアフリカのオカリナを曲ごとに使い分けて聴かせてくれました。ジャズにボサノバに中国音楽にとバラエティー豊かな曲で、世界中をまわった気分になりました。ギターのお二人だけの曲もあったのですが、上手い!唸ります。
 1st                  2nd
  Opening               天使のわけまえ
  和紙明かり              さくやこの花
  かなかな                泳ぐ象
  スミス飛行機             Lovetime Ragtime
  5 notes samba             すばる
  青いケシ                上海蟹市場
  雪渡り                  柿の葉雀 
 
 曲ごとに笛が違って、テーマも様々で素敵です。野田さんの作曲したいきさつのトークも面白かったです。関西人が多いこのバンドのアンコール曲「ほな」が私はとても好きでした。(「ほな」は「じゃぁ」とか「さよなら」の意味で使われる関西言葉。)私が関西出身というのもありますけど。他にも4分の5拍子という「上海蟹市場」や映画のテーマ曲にもなった「すばる」も良かったです。
 一度聴いてみてください、笛に心奪われるかもしれませんよ。
 クリックすると元のサイズで表示します  http://www.kabel.jp/nodafan/
                       



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ