Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2006/1/18

池袋といえば  日記

 昨日の舞台オーディション後、遅いお昼ご飯を一緒にオーディションを受けた事務所メンバー四人で食べに行きました。オーディションが3時間の長丁場だったのでおなかぺこぺこでした。
 
  「池袋といえば、ラーメンでしょ!」

という事で、食べましたラーメン!地方出身の私はいつもテレビで見るばかりでした、東京にきてからも池袋に来ることは滅多にないので、今回は絶好のチャンス!一人詳しい人がいたので、彼に案内されて入ったのがこちらのお店「ばんから」。
 クリックすると元のサイズで表示します
                 クリックすると元のサイズで表示します 
 「角とんラーメン」を食べました。特製とんこつスープに細めん、そして箸がすっとはいる極上の角煮がとろけて最高でした。さすがラーメン激戦区!


2006/1/17

オーディション日和  日記

 今日は11時から舞台のオーディション、20時30分から映画オーディションという日でした。
 歌って、踊って、演技して、最終審査まで残れたのであとは結果を待つのみです。体力・精神力を要しました。
 緊張しました、歌が特に・・・。ファドライブでソロで歌い慣れしたとはいえ、やはりオーディションはまた違いますから、反省点を交えつつ今後のレッスンに励みます。
 今回課題にしていた「緊張の中でも迷いはすててみせたい表現をやりきる」という点はクリアーしたように思います。そのまま映画オーディションも行ってきて完全燃焼でした☆

2006/1/16

チェック  日記

 明日のオーディションに備えて、事務所で歌と台詞のチェックをしてもらいました。服装とか、アドバイスを色々いただいて明日の本番に臨みます。受かる受からないは役との相性もありますから、とにかくたくさん受けていくことを続けます。とはいえ、当然決まって欲しいと思います。背伸びしないで、ありのままを出せるようリラックスしてやりたいです。
 

2006/1/15

Cortei o cabelo.(髪を切りました。)  日記

 先日カットした髪を更に短く、すっきりショートカットにしました。

 少年役が多いのですっきり短くが基本なのですが、年末年始に舞初め式やファドライブがあったのでちょっと長めにしていました。舞台オーディションもひかえていますので、カットして気持ちも新たに。
 
 髪を切っていつも思うのは、やっぱり母に似ているなという事。鏡にうつる自分に母の姿を見つけてしまいます。 
 
 

2006/1/14

A minha tia.(叔母さん)  日記

 リスボンの私の叔母であるファディスタのマリア・ベンタさんが入院中という知らせを数日前に聞きました。前回行った6月にちょっと体調が悪いというようなことは言っていましたが、まさか入院とは・・・。今回会うのを楽しみにしていただけに残念です。
 早く回復してくれる事を祈ります。

2006/1/14

O livro(本)  日記

 ポルトガルに行く前に読んでおきたい本が幾つか。異国へ旅するのは出発前から冒険心に溢れて行動力も増すように思う。本を読んだり、言葉を学んだり、ちょっと恋愛にも似た感覚になる。好きな感覚。

 今読んでいるのはアントニオ・タブッキの「レクイエム」。途中で途切れさせたくなくて、時間がしっかり取れる時しか読めないのでなかなか進まない。でも、一度リスボンに行っているから、地名とか建物の中の風景とかがイメージにはっきりでてきて面白い。外国小説っていつも地名や人の名前が似ていて、想像力以前に訳がわかんなくなってしまうから、今回の手にとるようにわかる感覚は新しくて嬉しい。

 そういえば、ファドの「Coimbra」の歌詞にこんなのが出てくる。

   「O livro é uma mulher.」 本は私の妻(女)
 
 この一説がとても好き。さて、飛行機の中では何を読もうかな。

2006/1/12

気分はもう2月  日記

 今日は舞い初め式後の初の日本舞踊のお稽古でした。九月末にひらかれる「蘇女丸会」に向けて新たなスタートです。新曲にかかりました。
 覚え方もわかってきたので、手順を覚えるのが早くなりました。ちょっと嬉しい☆

 私が踊るのはこちら!
   御祝儀曲

   地唄舞い

   男踊り
   民謡メドレー
               

盛り沢山!!今年は年明けから舞い初め式や渡葡、オーディション二本というパワー全開ぶりです。もう年明け一ヵ月くらい過ごした気分です。失敗もいっぱいしながらこのまま一年間思いっきり「犬」のように駆け抜ける気がしてなりません。

 雑誌の「SWITCH」で蜷川幸雄さんと蜷川実花さんの親子の絆をテーマにしたインタビュー記事を読みました、お薦め!すごくおもしろいです。彼の人間味と感性が記事に溢れています。大学時代に演出していただいた時に感じたたくさんの事のルーツが見えて、刺激をいっぱい受けました。あの時に怒鳴っていただいた事が今の私にどれだけ成長をもたらしてくれたかわかりません。今でも導いてくれるアドバイスをたくさんいただきました。記事を読んでいると、刺激と感謝と自分への叱咤でいっぱいになってきました。

 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ