Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2006/1/29

神の思し召し  2006年2月リスボン日記

1月29日(日)雨

 今日は朝から雨!しかもとても寒い〜。

 傘を忘れてしまっていたので、なかなか部屋から出られず途方に暮れていました。たった一週間しかないのに無駄にしたくない〜っと小雨になるのを待って街へ出ました。
 fnacでCDをチェックして、雨のやんだ夜は高柳さんとアルファマへ!

 ところが人がいない!街全体が死んだみたいに静か、お店が全く開いていないのです。日曜日とはいえこれは異常でした。楽しみにしていたア・バイウカもお休み。なので急遽バイロ・アウトへ。

 高柳さんがよく顔を出す名店「アデガ・マシャド」へ。
クリックすると元のサイズで表示します
(赤いランプとギターラたちの絵が素敵なステージ。)

 まるで映画に出てきそうな素敵なお店がこちら!「今日はマシャドへ行け!」という神の思し召しだったのだと思わざるを得ないような素敵な一夜を過ごせました。
 お店の内装ももちろんのこと、人が素敵!品があって、演奏もきちんとしていて、他のスタッフもお互いを尊重しあっていて全てにおいて品があります。フォルクロ―レの方々も楽しい中に素敵な品があって見事でした。
 
 私にとって「パテオ」がリスボンでのホームグラウンドであるように高柳さんにとってのホームグラウンドはこの「マシャド」。「お帰り」と彼を迎えるマシャドの人達の姿がありました。
 「味わいがあるのに品があるのがここのお店の人達、最後に目指すのはこういう人達。」という高柳さんの言葉に納得でした。
クリックすると元のサイズで表示します
(高柳さんとファディスタ・ギタリストたち。まるで映画のワンシーンみたいでしょ?)
クリックすると元のサイズで表示します
(オーナーが「私たちにプレゼント」とワインとオードブルをごちそうしてくれました。)

クリックすると元のサイズで表示します
(ポルトガルギターのジョアン・アルベルト。昔かたぎなしっかりとしたギターを弾きます。素敵な達人です。そしておしゃれ!)
クリックすると元のサイズで表示します
(ヴィオラのジュリオ・ガルシア。この人のヴィオラは是非聴いて欲しい!このしなやかさは素晴らしい。この方もとても素敵な方です。)

 そして、こちらでも歌わせていただきました。楽屋でお二人と合わせて2曲歌いました。
 伴奏の達人に会えたという感触!音が語りかけるんです、「このタイミングで入ってごらん、おいで!」って。それでいてすごく繊細な音がして、ヴィヴィット!合わせだけでも幸せな私でした。
クリックすると元のサイズで表示します
(マシャドで歌う。)

 失敗もしなくちゃって思っていたから、歌い方に冒険もしてみました。この二人なら絶対大丈夫という確信があったから、まさに胸を借りたという状態でした。

 帰りはヴィオラのジュリオが車で送ってくれました。宿へ戻ってからも興奮冷めやらない一夜でした。

 マシャドはあまり日本の観光本などに載っていませんが、日本人好みなお薦めのお店です!司会者がファディスタを紹介するステージングも見所のひとつです。(CD「カフェ・ルーゾのアマリア」に出てくるような派手なトークではありませんが司会がいます)
 昔、師アントニオ・パレイラも弾いていたお店です。どうぞお出かけください。
「ADEGA MACHADO」
  Rua do Norte,91 1200-284LISBOA
  Tel 21 322 46 40
  Fax 21 346 75 07 
 

 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ