Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2006/3/4

気をつけたいこと  日記

 新しい声優になった「ドラエもん」を昨日初めて観ました。

 やっぱり慣れ親しんだものがあるので違和感は否めませんが、これはこれで良いです。しずかちゃんの描き方が私はとても気に入りました。

 よくこういった場合に、「昔の方がいいよ。最近のはね・・・。」という言葉を聞かされますが、言いたい気持ちはわからないでもないです。確かにわたしにとっての「ドラエもん」は大山のぶ代さんですから。
 でもそういうのって格好悪いなとも思うので言いたくないです。何故なら今のも立派な「ドラエもん」ですから。別物なんですよね、子供達は喜んで観ているわけです、大人の勝手な思い込みで頭ごなしに「今のは。」とは言いたくないです。だってそんなこと彼らは知らないのですから。軽はずみに口にしないようにしたいと思いました。
 子供の頃に「何で大人はすぐこう言うのだろう。」って思ってきましたから。

 リメイクされた(?)、新しい映画「のび太の恐竜2006」を観てみたいなと思いました。「ドラエもん」映画で育った私は映画館で観て、そのあとは何度もビデオで観て楽しんできました。今でも家に映画の古いビデオがあります。「のび太の恐竜」は人間模様と優しさがあって、とても大好きな作品です。深いんですよ、ドラエもんって☆
 予告を観るかぎりでは今回のものは、更に友情と思いの強さ、優しさという強さを描いているようだし、楽しみです。「新しい視点」が加わったと言えばいいのかもしれません。
 
 昨日観る限りでは、今のドラエもんの方が、原作に近い描き方が出ていたりもしたので、自分の先入観は置いておいて楽しみたいです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ