Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2007/1/29

Parabéns!(おめでとう!)  日記

 今月は私も含めてカンパニーメンバーのお誕生日ラッシュです。ささやかなプレゼントを考えて買っていくのがとても楽しいです。私自身も幸せをもらえますから。

 というわけで、ポルトガルの「ハッピーバースデイ」の歌詞をご紹介します。メロディーは皆さんご存知の「ハッピーバースデイ」です。


1 Parabéns pra você       あなたにおめでとう
  Nesta data querida       この愛しき日に
  Muitas felicidades        多くの幸せと
  Muitos anos de vida      長寿を祈ります

2 Hoje é dia de festa       今日はお祝いの日
  Cantam as nossas almas    私達の心を皆で歌う
  Para o(a) menino(a) OOO   OOOへ
  Uma salva de palmas      拍手で祝おう


   (祝う相手が男性の場合は2番の3行目をそのまま
    歌ってください。女性の場合は(a)になりますので
    「Para a menina OOO」と歌って下さいね。)

 この歌詞は一般公募で決まった歌詞だそうです。私が歌っていたリスボンのお店では、バースデイケーキをご注文された席をギタリストと歌手がとりかこんで、このハッピーバースデイを歌いました。1番の歌詞はゆっくりめに歌い、2番になるとアップテンポになります。是非歌ってみてくださいね。

2007/1/27

escola primaria(小学校)  「カーネギーの日本人」稽古日記

 今日は東京芸術劇場中ホールの実寸をとって場あたりをするために、小学校の体育館をかりてのリハーサルでした。
 今までの3倍近い大きさのエリアで場所をとらなければならないため、ダンスの移動動線を確認していきます。大事な確認稽古です。
 
 共演者のご紹介シリーズVol.2「青木梨乃ちゃん」

 とってもオシャレなかわいい女の子です。ダンスも上手で華があります。
 今回の作品の中には、子供たちじゃないとだせない魅力を生かしたシーンがたくさんあります。無理矢理な演技ではなく、彼女達の可愛さがそのまま伝わる演出と振り付けなので、観ているこちらは笑みが絶えません☆
 梨乃ちゃんは稽古場でもいつも笑顔で私に元気をくれます。今日もゲームして遊んだね、ありがとう梨乃ちゃん!
        クリックすると元のサイズで表示します

2007/1/26


 今日は北千住のシアター1010の稽古場でお稽古でした。OIOIの10階にあるので、思わず買い物をしたくなります☆
 朝早くCDの打ち合わせをしてからの稽古でしたので、お疲れモードでしたが気力で乗り切ります。昨日は舞台上での声の効果音録音もあったので、叫びっぱなし歌いっぱなしの喉は稽古外では極力省エネです。
 休憩中はおとなしく・・・・、のはずが子役のキッズたちと一緒に手帳のシールを交換したりとワイワイ♪なつかれて嬉しくないわけがない、かわいいメンバーに囲まれたら喉を忘れてキャッキャしちゃいます。バッチリ踊れる小学生たち、かわいい!恋愛話も一緒にしちゃって癒されました。
 明日はキッズを紹介するべく写真をとろうと思います。
 

2007/1/25

Adeus  日記

 大好きな笑顔を一つ失いました。

 ずっと「アルプスの少女ハイジ」の舞台でご一緒していたアルムおじいさん役の俳優さんが今日お亡くなりました。私は「カーネギー」の稽古で出演できませんが、明日・明後日「ハイジ」の本番が行われるのです、その前日に、突然のことでした。

 いつもさりげなくアドバイスをしてくださった大先輩です。初めてカンパニーに参加して緊張している私に、口数は多くありませんが、そっと声を掛けてくださいました。ホッとしました、以来、稽古場や劇場で「おはようございます」と声をかけるたびに私は安心感をいただいていました。いつも笑顔で「おはよう」と言ってくださいました。
 舞台上でも胸にある思いを丁寧に、相手役に誠意をもって伝え、演じてくださった方です。
 
 私が演じるペーターがハイジと引き裂かれるシーンで、アルムおじいさんにペーターは羽交い絞めにされて、ハイジを追うことを妨げられます。ハイジが見えなくなって、ペーターは「おじいさんのせいだ」と叫びながらアルムの胸を叩きます。そのとき、いつも「思いっきりおいで」と私を受け入れてくださいました。演技ですが、私はあなたの胸に思いっきり思いをぶつけました。舞台上以外でも、袖での笑顔が、移動中のバスの中での姿が、稽古場での存在がいつもあったかくて、亡くなったなんて信じられません。なんで、なんでって、ただ、それだけです。
 「君のペーター好きだよ」とおっしゃってくださった一言にどれだけ救われたかわかりません。演技で行き詰まった時にもらった、たった一言のアドバイスがどれだけ支えてくれたか。

 アルムの優しさそのままの方、逝ってしまいました。

 明日、キャストとスタッフは、あなたなしに代役をたてて舞台を上演します。みんな、つらい思いで、でも、あなたの為にも、お客様の為にもやり遂げてくれるでしょう。その思いがどうか届きますように。私は来月の舞台の稽古でお通夜にうかがうことしかできませんが、どうか、どうか、アルムおじいさんに思いが届くようにと祈ります。

 ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

 

2007/1/22


 今日は初の通し稽古でした。キャラクターをいろいろ見せていくので、切り替えが大変ですが、いっぱいやりたいことを試してみました。小道具に眼鏡を使って踊ってみたりと、実験実験☆

 さて、またこんなシリーズを。

共演者のご紹介シリーズVol.1「森 隆二さん」
          クリックすると元のサイズで表示します
 劇団イッツフォーリーズの役者さんで、東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」等の大作にも出演されています。落ち着きある表現とコミカルさも見せられる役者さんです。カンパニーを精神的に支えてくださっています。
 私が以前出演した劇団目覚時計に森さんも出演されたことがあるそうで、「ゴールド物語」にシマタロウ役で出演されていました。私が出演したのは「幸せ・猫」という作品で、この「ゴールド物語」に続く猫シリーズの第3弾でした。共演はしませんでしたが、私の演じたクロコのお兄ちゃんがシマタロウ、つまり、知らないうちに血が繋がっておりました。それを知って以来、稽古場では私のお兄さん的存在です。

 さて、今回の「カーネギーの日本人」ではジプシーダンスの中で二人で小芝居をやったりしています、とても楽しいです。

 森さんのウェブサイトはこちら

2007/1/19

ajuda(助け)  日記

 今月に入ってから、スタジオは取材が続いています。今日は新聞に先日取材された鳥居かほりさんが大きく写真付で登場し、スタジオではCSスカイステージの剣幸さんの取材が行われました。稽古も撮影しましたのでスカパーを観られる方、ご覧下さい。

 今日はかほりさん直々にダンスのアドバイスをいただきました。ちょっとした見せ方のコツなんですけど、目から鱗☆こうやっていろいろなこと分けてくださいます。なんてありがたいんだろうと感謝いたします。
 以前共演させていただいた田中利花さんも「出し惜しみしないで教えてあげる。」と言ってたくさんのことを教えてくれました、嬉しかったです。もちろん『芸は盗め』が基本ですが、頑張っていれば、そこにまた手を差し伸べてくださる方がいます。自分の仕事への取り組み次第で、最後の仕上げにちょっとした助言をもらえることもあります。
 余計なことは言わず、やるべきことをきちんとこなし、後輩への助言も「ここぞ」というところでできる・・・、私もそうなりたいと思いました。

 明日も頑張っちゃいます。

2007/1/18


 今日は「衣裳パレード」でした。

 シーンごとにプランの衣裳を着て、演出のチェックを受けて衣裳を決定していく作業です、行進はしませんo(^v^)o
 今日で衣裳が決まったので、キャラクターもよりはっきりしてきました。これから、ウィッグやアクセサリー等を工夫して作っていきます。アメリカ1940年代にはやったマリリン・モンローみたいな髪型になりますので、ウィッグをうまく巻いて作ろうと思います。日本人になったり、アメリカ人になったり、ジプシーダンサーになったりと衣裳がえもありますので、髪もそれに合わせていろいろ取り替えます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ