Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2007/5/6

LA FOLLE JOURNÉE au JAPON  日記

 国際フォーラムで行われている「LA FOLLE JOURNÉE au JAPON」に行って来ました。
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 本日最終日の午後からしか行けませんでしたけど、楽しかったです。丸ビルの1階でも無料クラシックコンサートが行われていました(写真右)。曲名は分かりませんでしたけど、今回のテーマである「民族のハーモニー」にぴったりな曲でした。馬が駈けていたり、お祭りで民衆が踊っているような曲でオーボエのリズムに踊りだしたい気持ちになりました。
 でも、殆どの方が微動だにせず聴いていらっしゃることが少し気になりました。

 「クラシックは黙って静かに聴くものだ」というのが日本人の先入観なのでしょうか。こんなに楽しいリズムとハーモニーなのに肩を揺らすのは2・3人でした。
 同じロビーコンサートで、カジュアルな衣装でバイオリンとピアノを弾いているトリオの演奏の時はみんなノリノリだったのですが、シックな衣装で弾くチェロやクラリネットを見るとおとなしくなってしまうようです。弾いている曲は大して変わらないのですが何故でしょうね。
 私は小さい頃からバレエを習っていたせいで、クラシック音楽は身近な音楽です。高尚な音楽というよりも、踊る音楽でしたので抵抗がないのかもしれません。

 S席なのに3000円というこのイベントならではのチケットを買って、ラヴェルのバレエ音楽「ダフニスとクロエ」を聴いてきました。国際フォーラムの大ホールでこの価格!いいイベントです。フアンホ・メナ指揮、ビルバオ交響楽団の演奏、頭の中を揺さぶられました。素晴らしかったですよ。

 でも一番心ときめいて酔わされたのは、音楽ブースで演奏していたギターソロでした。「鞣革のタンゴ」「アルハンブラの思い出」「アストリアス」を弾くアランさん(スペインの方っぽかった)のラテンの響きに胸を鷲づかみされたようにときめいてしまいました。なんだろう、あのラテンの色気は・・・、ギター好きだわ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ