Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2007/6/13

ご報告  日記

東京から大阪に拠点を移すことにいたしました。
8月から大阪に移ります。


ポルトガルに1年留学して本格的にファドを学びたいという思いからです。
そのためには資金をためる、そして、ギタリストたちと研究を重ねたいという思いから、実家のある、そして、敬愛するギタリストたちがいる大阪に戻ることにいたしました。


舞台を捨てるわけではありません。



が、二兎を追うものは一兎も得ずです。




今はお仕事のチャンスもいただけて、自分の心がまっすぐに向かうファドに全力をかたむけたいと正直に思っています。



あれもこれもと思って舞台に向かってもプロの活動はやはりできません。舞台やミュージカル一筋のかたにかなうはずはないのです。


ポルトガルに師匠がいる、いつでも迎えてくれる、そして、今ファドを吸収してのびたいという意思がある。 今のままではいけないという危機感もある。


故に今しかないのです。





なので、うつることにいたしました。





演劇やダンス、日本舞踊、すべて無駄ではありませんでした。
生かされています。



悔いもありません。



そして、ミュージカル「レ・ミゼラブル」に出たいという夢も捨ててはいません。



最近舞台やミュージカルのオーディションに受からないのは、ファドに心傾いていたからだと核心があります。




事務所の社長も、日本舞踊の師匠も、私の決断を受け入れて応援してくださる言葉を下さいました。



とことんファディスタの一流を目指します。





そして、芸名をやめて、本名で再出発しようと思います。




津森久美子です。






津森あかねのあかねは、母がつけたかった名前です。父は久美子にしたかったので、本名は久美子です。










東京で出会えた全ての方に感謝いたします。




最近超一流のダンサーの先生のジャズダンスのレッスンを受けました。





人生かけてそのかたは踊っています。






たった一回のレッスンでしたが、それを教えられました。





私は今、ファドに人生をかける時期なのです。





日本舞踊の師匠も、所属事務所の社長も、オペラ歌手の友人も、ピアニストの友人も、それ一筋に取り組み、今があります。



私も今、決断の時です。







私に勇姿を見せてくれた役者さん、先生、同士たち、友人達、本当にありがとうございました。



私は、自分に嘘なく信念を貫き通して、これから修行を重ねます。




突然のご報告ですが、これからもファディスタ津森久美子をよろしくお願いいたします。










2007/6/11

Bebo-lo tudo.(全部飲んじゃえ〜)  日記

 先日書きました、ポルトガルスパークリングワインのウ゛ァスコ・ダ・ガマ・ブリュットがお家に到着。
 お酒は強くないけどたまに飲むのは好きなんです。晩酌は滅多にしませんが、暑い夜にゆっくりとこれを飲みたい!いつにしようかな、今からワクワク。
 日本で買えるのは大阪の播磨屋さんだけです。チェックしてください。

 いろんなお取り寄せが最近気になります。次は何に??

クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/9

setembro(9月)  日記

 ライブスケジュールをアップいたしました。

 9月は西荻窪と六本木です。ラテンミュージックの老舗「ノチェーロ」さんに初出演させていただきます。ご来場をお待ちしております。

2007/6/5

Vasco da Gama BRUTO  日記

 この季節になると飲みたくなるのがポルトガルのスパークリングワインです。
 
 2年前の今ごろ、ポルトガルのシントラにあるぺナ宮を目指して山を登り、ぺナ宮のカフェで飲んだスパークリングワイン、カザル・ガルシアが美味しかったの何のって。お酒に弱い私がはっきり憶えている味です。
 ヨーロッパの夏は昼のスパークリングワインはたまりません。それ以来、この季節になると、お酒に弱いくせに恋しくなるのです。

 今日は同じくポルトガル産スパークリングワインのヴァスコ・ダ・ガマ・ブリュットをいただく機会がありました。私は一杯ですぐ酔っ払ってしまうのですが、美味しかった。程よい甘味とさっぱり感、夏にお薦めです。最近いろんな雑誌でも取り上げられていて注目されています、是非ご賞味あれ。

 

  

2007/6/4

dança do jazz(ジャズダンス)  日記

 今日から新しい先生にジャズダンスを習い始めました。とても素晴らしいダンサー!ベテランの方です。あの肉体は日々のレッスンの賜物です。
 ダンス以外にメンタル面も学ばせていただける方でした。生き方というのでしょうか、ご本人が意識していなくても溢れ出すものがあって、とても惹きつけられる女性です。頑張ります。

2007/6/3

a informação(お知らせ)  日記

 ファドの講座のお知らせです。「JASRAC講座 ミュージックジャンクション」の第3回目にファドがとりあげられることになりました。研究者であり、ファディスタでもあるマウロ・ネーヴェス氏がその魅力を探ります。私も演奏で出演させていただきます。
 日時は来年ですが220名様を無料ご招待となっておりますので、興味のある方は是非ご応募ください。


JASRAC講座 ミュージックジャンクション
 「ワールドミュージック」
   第3回 心に響く歌:ファドの本質と現在


日時 2008年2月21日(木) 19:00〜20:45
会場 けやきホール
    (小田急線/千代田線「代々木上原駅」徒歩3分)
コーディネーター 北中正和(音楽評論家)
司会 ayako
講師 マウロ・ネーヴェス(上智大学准教授)
演奏 津森あかね、Esquina do Som
主催 社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)

220名様無料ご招待(要応募)

応募方法 
  郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・年齢・職業・電話番号
  希望日・希望人数(御1人様2名まで)を明記の上、以下
  のいずれかからお申し込みください。

   1.「JASRAC」HP(文化事業ページ)→こちらから
   2.はがき 
     〒151−8691 代々木郵便局私書箱118号
     JASRAC文化事業部「ミュージック・ジャンクション」係 
   3.FAX
     03−3481−2189
     JASRAC文化事業部「ミュージック・ジャンクション」係

締め切り 2008年2月6日(水)必着

事務局より招待状が送付されます。応募者多数の場合は抽選とし、
当選の発表は招待状の発送をもってかえさせていただきます。

お問い合わせ 03−3481−2100(JASRAC文化事業部)
 
       

 

2007/6/2

FADO.PT  日記

 リスボンの友達リアナのアルバムを聴いています。日本では販売しておりません、やっと聴くことができました。
 今回のアルバムはファドをベースにした彼女のオリジナルでした。彼女の世界が味わえて私は好きです。伸びやかな声の中にある、強さと喜び、そして不安感、悲しさが水のようにやわらかに、時にたくましく聞えてきます。
 彼女に出会った時、その声と彼女のもつミステリアス感と強さとチャーミングなところにひかれました。その魅力を味わえる一枚でした。ジャケットも彼女らしい。次のアルバムも楽しみ。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ