Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2007/8/1

o meu xaile(ショール)  日記

 訳詞とカスティーソにとりかかる毎日です。私にとってカスティーソは魅力的であり、とてもこわいものです。歌い手の技量が本当にわかるものなので、歌えるようになるまでまだ時間がかかります。私の感覚では歌うというより、語ると言ったほうがいいかもしれません。
 現地で聴いたりすることもなく、音源もない詩と曲の組み合わせのものに着手する作業をしています。2年前にポルトガルに行ったときに、いずれこういった取り組みができたらという思いで詩集を買い求めました。ポルトガル語の持っているリズムやメロディ、そして、ファドのもつリズムがわかりだした今、やっとこの段階に入ります。夏からのライブで何曲がお聞かせしたいと考えています。
       クリックすると元のサイズで表示します
 先日の「世界のごちそう パレルモ」さんライブにいらっしゃったお客様から写真が届きました。ショールは東京で壮行会を開いてくださった方々からプレゼントされたものです。細やかなレース地に、赤い小さなポンポンが揺れてとても可愛い想いのこもった逸品です。気に入っています。
 どうもありがとうございました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ