Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2008/10/7


今日のリスボンは雨。思わず口ずさむのはジョルジュ・フェルナンドの名曲「chuva(雨)」。歌の最後に、〜窓を叩く雨がサウダーデを感じさせる〜と歌っています。今日は雨脚が強く、詩の描写はこういうことなのかなと部屋の中から思ったり。

雨の中でかけたのはアルファマにある「Museu de fado ファド博物館」。

こちらで師パレイラがポルトガルギターのレッスンを毎日しているので見学させてもらいました。生徒さんのレベルと要望に合わせて丁寧に伝授しています、師はこういったところでファドの現在を支えています。

ある程度弾ける方にいろんなリフを教えていました。そのリフのメロディーは日本では聴けないフレーズ、ファド独特のものです。ポルトガルギターのリフばかりを聴ける機会はなかなかありません、改めて聴くと歌のメロディーにも生かせるものがたくさんありました。

それから、13歳の少年の第一回目のレッスンにも立ち合わせてもらいました。やはり最初は「Fado Menor」、簡単なようで一番難しいのがこの基本カスティーソです。指のアップダウンに悪戦苦闘しながらも食いついていく少年のこれからがとても楽しみです。

最近展示をリニューアルした博物館の壁には、名ギタリストやファディスタの写真パネルがたくさん展示されています。ある一枚のパネルの前で師匠が目を輝かして私を呼ぶので何かと思ったら、とても嬉しいものを見ることができました。

日本人演奏者・月本一史氏の写真も入っていたのです。

地下一階で流れている短編映像の中にもギターラの一人として登場しています。上映がいつまでやっているかはわかりませんが、最近作られた映像なので当分見ることができるはずです。

これは、彼を始め、日本人ファドアーティストたちが現地で評価されている証です。現地へ行かれた際は是非ご覧になってください。

さて、雨も上がった夜はそのまま師と同行してパテオヘ。今日もクリスティアナにこれまで歌ってきた歌を数曲みてもらい、出番まではジャクリ−ヌたちの歌を聴きながらファドに浸っていました。彼女の「Que Deus me perdoe」(神の許しを)は内にある力強さが好きで最近のお気に入り。アントニオさんの「Fado Mouraria」も美しくて軽快でお薦め!
クリックすると元のサイズで表示します
(合間で打ち合わせ。左:ギリェルメさん、右:師匠パレイラ。他の歌手同士も歌詞の教えあいや、アドバイスをしたりと、パテオはわきあいあいとしています。)

今日歌ったのは、

Julia Florista
Alfama
Tunica Negra

出番後に師から新しいカスティーソ「Fado Tango」に挑戦しようと声がかかりました。クリスティアナに歌詞を教えてもらい、これから練習です。来月にはご披露したい!



2008/10/6

Onde tenho de apresentar?  2008年リスボン日記

今日はパテオがお休みなので、大学手続きと日本大使館へ在留届を出しに行ってきました。

こちらに来てから初地下鉄、前回は切符の買い方さえチンプンカンプンでしたけど、回数券カードを買い、目的地まで行けました。時刻表はないようです、所要時間だけチェック。

大学からは「いつまでにこの書類をどこへ持ってきて・・・」というような指示は特にもらっていないため、とりあえず出向いて時間割をもらおうと行ってきました。最寄駅は「Cidade Universitaria」その名も「大学都市」です。 日本のような出口表示がなく地図だけある状態、でもその地図上のどこへいくかすらわからないので、とりあえず出て聞く事にしました。


大きな建物の入り口にいた職員のおじさんにコースの名前を見せて聞くと、上の受付へ行けってこと上へ。と、上の受付で「ここじゃない」とだけ言われ「じゃどこ?」はわからず放浪の旅がスタートしました。


広い敷地をぐるっと一周したところで、なにやら旗にペイントしている学生に質問。
学生の方が親切、彼女の指示で歩くとそれらしき建物を発見、入って地図発見、事務所へ到達!

「やったぁぁぁ、達成感で元気でてきたー」というのも、つかの間。

ポルトガル語で「時間割ください」って言うと事務員の女性がポルトガル語でわ〜っとしゃべり、



??????????



辞書片手でとりあえず、「この日までにこの書類を記入して、他にいくつか書類をそろえてもって来て」というのは理解、明後日また来ることになりました。日本は事前対応等がなんて親切丁寧なんだろうと実感しました。別にポルトガルが粗いというわけではなく、日本がそういう点で特に丁寧なんだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
(リスボン大学の文学部)

建物を出たらドっと疲れてしまい、座ってぼんやり。今日も晴天で気持ちよいです。よく考えたら「あこがれのキャンパスライフ」だと気づきました。日本で通った大学は演劇の実習がメインだったので、地下の実技室と小劇場で踊って歌って芝居してという毎日でした。もちろん充実した大学生活でしたが、敷地も狭かったので世に言うキャンパスライフではなく、どこかあこがれていました。ちょっとワクワク。

続いて「ポンバル公爵広場」にある日本大使館に在留届を出しに行きました、こちらはすんなり。ビザの延長申請についてのアドバイスもいただけてホっとしました。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りはメインストリートである「リベルダーデ通り」を散歩。高級ホテルやオフィスの多いビジネス街なのですが、歩道の木のおかげで歩くのにとても気持ちのいい道です。


リスボンに着いてから今日で一週間が経ちました。あまりに充実しすぎていたので2週間以上いるような感覚です。歌いに行かない日も楽しめるのは、買い物にでるだけでも歩き甲斐のある街だからですね。

2008/10/5

respiracao(呼吸)  2008年リスボン日記

リスボンも涼しくなってきました、夜は冷えます。こんな季節は何故か切なくなります、日本もポルトガルも同じこと。
クリックすると元のサイズで表示します

パテオは日曜とあってお客様が多く、ファディスタも私を入れて5人といつもより多めでした。バレットおじさま、クリスティアナとジャクリ−ヌ、そして今日だけ飛び入りで出演の女性ファディスタという顔ぶれです。

ジャクリ−ヌは若手の女性ファディスタ、メリハリのある声を生かしながらも柔らかい歌いまわしでしっかりお客様をとらえます。今日初めてちゃんと話ができました。とってもきさくで「歌のことで何か手伝えることや教えて欲しいことがあったら何でも言ってね」と心強い言葉もくれました。

師匠にアヴェイロで共演したアルミンドさんのことを報告すると、「知ってる知ってる、仲良しだよー」を笑顔をみせてくれました。と、喜んでいると、もうひとつ嬉しい縁が!

アヴェイロの知子さんとクリスティアナが友人だったのです。以前知子さんが歌の先生についてファドを勉強していたときに、同じ先生のもとに一人の少女がいました。ファドがとても上手で、日本人の知子さんにいろいろ教えてくれた少女がクリスティアナだったのです!
クリックすると元のサイズで表示します
(クリスティアナ。「美しい」という言葉がよく似合います。人の心を汲んでくれる彼女の歌声は、深い愛情とはかなさと強さに溢れて、心奪われます。)

繋がるべくして繋がっていったと感じます。
こうして縁が縁を呼ぶなんて・・・、これもファドです。


さて、今日は・・・

Alfama(アルファマ)
Fado Joao Maria dos Anjos(ファド・ジョアン・マリア・ドス・アンジョス:古典ファド)
Julia Florista(花売りのジュリア)

を歌いました。リスボンに着いてからポルトガル語に耳慣れしてきたのと、クリスティアナのおかげで、歌の言葉に少し柔らかさが出せるようになりました。その安心感もあって、気持ちもこめられました。

バレットさんがわざわざ客席に座ってずっと聴いていてくれました。こんな大ベテランのファディスタに聴いて頂けるだけでも光栄なのに、終った時素敵なアドバイスをくれました。「呼吸のワンポイントアドバイス」をさりげなく。とても要になる大事なことを教えてくれました。3年前の滞在時は彼がお店に出演することはたまにしかなかったので、あまり話をする事が出来ませんでしたが、今回は少し近づけそうです。ありがとうバレットさん。

明日はお店はお休みです、次回は火曜に出演です。

クリックすると元のサイズで表示します
(来る時も帰るときもドアの前で微笑んでくれるのは、セニョール・アルマンド☆Ate' terca-feira.)

2008/10/4


昨日のイベント出演後は、菅さんご夫妻のお宅で一泊させていただきました。
イタリア人のご主人と知子さん、そして、愛犬たちにもてなしていただき、ぐっすりと眠ることができました。生活を大事にしながら毎日をすごすポルトガルの暮らしを少し味わうことができました。


アヴェイロをご紹介♪

リスボンのサンタ・アポローニア駅から電車で北へ2時間半、ポルトとコインブラの中間に位置する小さな街です。
 クリックすると元のサイズで表示します
(街の中を川が流れます。モリセイロと呼ばれる船が運河を行き来します。色鮮やかな絵が描かれた船で、昔は海藻を集めるために使われていましたが、今は観光用として運河を走ります。)
クリックすると元のサイズで表示します
(漁業もさかん、魚市場裏の運河。建物が色鮮やか。市場の石畳は魚の絵が描いてあります。塩田もあり、お塩の名産地としても有名。)
クリックすると元のサイズで表示します
(昨日の会場Centro Cultural e dos Congressos、昔は工場だった建物。ホールや多目的室などがあるAveiro市の施設です。)
クリックすると元のサイズで表示します
(歩いていると、広場で民族衣装を着た人たちがオニオンフライをたくさん作って炊き出し。)
クリックすると元のサイズで表示します
(今日は偶然festa de cebola「玉ねぎ祭り」だったそうです。彼女がいろいろ説明してくれました。)
クリックすると元のサイズで表示します
(看板に書かれたフォルクロ−レのグループが演奏も、このおばさまもダンサー。農業従事者による収穫祭というわけではなく、皆でちょっとしたイベントをやっていたという感じ。)
クリックすると元のサイズで表示します
(左上:Aveiroの銘菓「オヴォシュ・モーレシュ」、日本の最中の原形と言われるお菓子です。中には甘い黄金色の卵黄クリームが入っています。形がすごくかわいくて巻貝の形をしているものもありました。)

街をずっと案内してくれたのがAveiro留学中の染矢ちゃん、お世話になりました、本当にありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します
(街に大きく存在するAveiro大学にもお邪魔。親日家のモザンビーク人・サントスと染矢ちゃん。次回はリスボンで会いましょう。)
 

2008/10/3

Que fantastica!  2008年リスボン日記

Aveiroで心躍るファドの時間を過ごすことができました。

3日に行われた「Aveiro-大分 姉妹都市提携30周年記念事業 日本人芸術家十人展」のオープニングセレモニーでファドを歌わせていただきました。

 クリックすると元のサイズで表示します
 (Guitarra:Armindo Fernandes, Viola:Jorge Serra)

ポルトガルギターのアルミンドは昔リスボンで弾いていたベテランギタリスト。話をしていると、師アントニオ・パレイラの友人であることが判明!昔気質なしっかりとした音を出してくれる方です。ギターのジョルジュはポルト近くに住むギタリスト、彼も素晴らしい演奏で歌に寄り添い支えてくれました。

初対面で合わせもさわり程度しかしなかったのですが、不安はありませんでした。むしろ、何があっても合わせてくれる安心感があったので、本番にどういう音のコミュニケーションが計れるかが楽しみで、彼らの胸をかりて今までと違うものが出せたらと思い歌いました。

本番、最初の曲の前奏の音で「今日は新しい歌に出会える」と確信しました。3人の掛け合いが成立して、「ここでおいで!」「その声をもっと彩ろう!」という音が飛んできて、至福の瞬間を何度も感じながら歌うことができました。お二人のおかげで今までとはちがう歌がつむぎだせました。

緊張感と安心感、彼らの年輪、それと深い愛情のこもったファド。素晴らしい出会いをいただきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
(着物の女性はもう一人のファディスタ、菅知子さん。今回の主催者でもあり、私にこのご縁を下さった方です。ありがとうございました!)

今回は日本人アーティスト以外に、日本に魅せられたポルトガル人アーティストの作品も見る事ができました。

なんと「盆栽」です!

クリックすると元のサイズで表示します
(会場の各テーブルに乗せられた盆栽)
クリックすると元のサイズで表示します
(盆栽作家のパウロさん)

もともと自然が好きだった彼は、日本の美意識がつまった盆栽に魅せられて、ポルトで盆栽作家として活動をしています。とてもチャーミングな方でした。(彼の盆栽HP「ARBOLE BONSAI」はこちら。)


そして「お寿司」も登場!

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはポルトの「板前」という料理店のブラジル人シェフが作ってくれました。日本と同じ味でしたよ。

日本のカステラの原形パオン・デ・ロー(左上のケーキ)と日本のカステラも並びました。カステラは智子・ドゥアルテさんとパウロ・ドゥアルテさん夫妻がリスボンにかまえるお店「Castella do Paulo(パウロのカステラ)」より提供していただいたものです。

それから、人の縁を感じる嬉しい出会いがもう一つ!私のライブでもお馴染みのファディスタ:マウロ・ネーヴェスの友人のウルバナさんに会えました。私のブログを見てくれていた一人です。タイトルをポルトガル語にしていたので、写真とタイトルを見ていろいろ想像していたとか!私に会うのを楽しみにしてくれていました。
クリックすると元のサイズで表示します
彼女はアヴェイロ大学の教授でもあります。なんと、元マヌエル四ッ谷店スタッフの染矢ちゃんの留学先で彼女の担当になったのがウルバナ女史でした!偶然にも今日は染矢ちゃんには会でいろいろとお手伝いをしてもらったので3人で会うことができました。Fantastica!

初めてのアヴェイロもリスボン同様、雲ひとつない青空とあったかい心で出迎えてくれました。この出会いに心からの感謝を。

Obrigada!

2008/10/2

tres anos antes  2008年リスボン日記

今日のパテオのメンバーは懐かしい顔ぶれでした。

ベテランファディスタのジョゼ・マヌエル・バレットさん。彼はコンサートでも大人気のおじさまです。3年前にバレイロ市のお祭りで彼のコンサートがあった際に、ゲストで出演させてもらった思い出もあります。2年ぶりです。

柔らかい歌声でおしつけがましくもなく、伸びやかに歌ってくれる素敵な歌手です。本人はすごくおちゃめです。

そして、ポルトガルギターのペドロ!彼とは3年ぶり。3年前に一度だけ共演したのですが、憶えていてくれました。
アントニオ・パレイラ仕込みの実力派です。とっても練習熱心な人で、演奏後もたいていギターをにぎったまま何か弾いています。私の出番が終ってから、早めにお客様が帰ったので、ペドロが「他に何歌える?」とい言っていろいろ練習相手になってくれました。何故か「3年前に一緒に何やったっけ?」と、帰るまでずっと思い出そうとしていました、そんな細かい事にこだわるなんてポルトガル人にしては珍しい(笑)。
彼のカスティーソはすごくいいです。Fado Joao Maria dos anjosを弾いてもらったら素晴らしかった!今回は共演できる回数がかなりありそうで、とても楽しみです。

さて、昨日に引き続きクリスティアナが細かい発音や表現を教えてくれて、出演で実践という流れでした。日本では限界だった表現の壁が越えられそうな予感がしています。

明日・明後日はAveiroへ行ってきます!


2008/10/1

Gosto de Pateo muito!!  2008年リスボン日記

今日は師アントニオ・パレイラとの再会とVelho Pateo de Sant'Anaでの久々の出演でした。

お昼過ぎに師匠に電話をかけると「おお〜よく来たなよく来た、元気か?何かこまったことはないか?元気か〜??」と心の底からの声が迎えてくれました。この人の大好きなところです。

前回・前々回の渡葡の際にはポルトガル語で電話をかけるなんて考えもしませんでした。身振り手振りができない電話は到底無理でした。多少しゃべれるようになったことを実感できる瞬間でもありました。師匠もそのことを喜んでくれていました。

20時過ぎの待ち合わせ場所で車から降りた師匠は、いつもの通りに思いっきり抱きしめてくれました。私にとってのリスボンの印象の一つがこの抱擁です。

話は尽きないまま、パテオヘ到着。

入り口でボーイさんたちと迎えてくれたのは、ドアマンのセニョール・アルマンド。口数は少ないのですがとても心優しいおじさまで、お店の縁の下の力持ち的存在です。元気な姿でよかった。

控え室では大好きなヴィオラのギリェルメさんに再会。彼も無口な方ですが、そのおおらかさと、さりげない気遣いが素敵な紳士です。エスキーナの水谷さんの師匠でもあります。口よりも目で話をしてくれるのがこの方の魅力です。

それから、オーナーのドナ・リナが登場。彼女が予想以上に喜んで迎えてくれたのが言葉になりませんでした。

そして、今回も新しい素敵な出会いが待っていました。若手ファディスタのクリスティアナです。昨年渡葡した大阪の「カフェー・ペソア」のマスターがお土産に彼女のCDをくれたので、声だけ知っていたのですが、やっと会えた彼女はCDの印象以上に歌も人間も素晴らしい女性でした。

師匠が「ファドのために日本からやってきた、表現や歌詞のことを教えてあげてくれ」と言付けると、彼女は私の手をしばらく握っていろいろと話をしてくれました。吸い込まれるような綺麗な瞳と美しさのある優しさで、すっかり彼女が好きになりました。
あって五分とたたないうちに、歌詞を見ながらアクセントの生かし方、音の使い方を丁寧におしえてくれました。そのあとも私の側に座って気持ちを和らげてくれて、彼女のおかげで今日は安心していられました。

今回初めて会ったファディスタたちの歌は、リスボンの石畳や青空、テージョ川を映すような歌声でした。伸びやかな声が私の心を包んでくれました。

今日私が歌ったのは

Sempre que Lisboa canta(リスボンが歌う時いつも)
Tudo isto e fado(これすべてファド)
Tunica Negra(トニカ ネグラ)

の3曲、どれも地元で深く愛されているファドです。師アントニオ・パレイラのポルトガルギターはやっぱり素晴らしかったです。力強くてしなやかで、いろんな光景が浮かぶ音がします。ギリェルメさんのヴィオラのりズムは、言葉を刻みやすくしてくれました。

3曲目の「トニカ ネグラ」は今日歌おうと決めていた歌です。数年前に亡くなったパテオの名ファディスタ、マリア・ベンタさんに捧げました。彼女が歌う喜びに溢れながらこの歌を歌うのを聴いて、この歌を覚えました。この歌と彼女は切り離せません。ギタリストやお店のみんなにそれは話さなかったけど、みんなわかってくれていたようでした。

歌い終わった時に、ベンタさんと仲のよかったドナ・リナがうっすら涙を浮かべながら微笑んでくれました。ギタリストたちも壁にかかった演奏写真に写るベンタさんを指差して笑ってくれました。目頭が熱くなりました。

帰り道で師匠に「パテオが好きか?」と聞かれました。もちろん「大好き!」。今日一日で更に好きになったこのお店に、二年ぶりに帰ってこられました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ