Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2008/10/10

brincar brincar!!  2008年リスボン日記

クリックすると元のサイズで表示します
(今日のパテオの最終ステージのひとコマ。左:師アントニオ・パレイラ、中:クリスティアナ、右:ギリェルメ・カルバリャイス)

今日は心惹かれるファドに出会いました。バレットさんの歌う「Boa noite solidao」というファドです、初めて聴いたその瞬間に心を持っていかれてしまうファドでした。詞とメロディーが美しい秀作です。バレットさんのやわらかい声がこのバラードをより切なくします。

【一部抜粋】

 こんばんは、孤独よ
 あなたの(孤独の)その手をかして
 この暗い夜に

 彼女に(孤独に)これ以上を伝える事はない
 今は眠りたい
 彼女と(孤独と)共に夢を見たいから

バレットさんの出演後にこの曲について聞いたところ、女性が歌ってもいい歌詞の内容だったので早速歌詞を教わることに。そして、歌詞の発音を教えてくれた後に、ギタリスタも巻き込んで「もう一回歌うから録音しちゃいなさい」とおしげもなく美声を披露してくれました。何のためらいもなく弾いてくれる師とギリェルメさんもありがとう!!

帰国したら日本で歌います。

そして、今日私が歌ったのは、
Tudo isto e fado
Julia Florista
Tunica Negra
歌い方にだいぶ変化がでてきました。発音練習が少しずつ、口周りの筋肉に変化を与えています。

クリックすると元のサイズで表示します
左:ジョゼ・マヌエル・バレット
右:ドナ・リナ(パテオのオーナーでファディスタとして出演もする私のポルトガルの母です)

最後のステージの最終曲は3人のファディスタで掛け合うというものでした(写真2枚目)。一人が歌っているところに、台詞のような合いの手が入ります。まるでおしゃべりをしているように、わいわいがやがやと盛り上がる曲、明るいドナ・リナの十八番です。

演奏の合間、師匠の冗談魂に火がついて爆笑の渦が・・・。バレットさんも、ギリェルメさんも一緒になってbrincar(冗談・いたずら〜♪)、お茶目でファドを愛するのおじさまズに囲まれています。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ