Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2008/10/11


今日は市電28番に揺られて街の西にあるカンポ・デ・オウリケへ。
クリックすると元のサイズで表示します
(市電から見える「エストレーラ聖堂」)

3日のアヴェイロのイベントでご一緒したガラス作家の豊田康次郎さんがこちらに滞在中なので、彼の友人と一緒にお昼を食べて、バイシャ・シアードまでゆっくりと散歩しました。

異業種の方とお話するのは視野が広がって本当に楽しいです。ポルトガルは以前ガラス産業が盛んだったそうです。最近は中国が圧倒的になってしまい、ガラス工場も姿を消してしまいましたが、近年ガラス技術の見直しのプロジェクトがポルトガルで進んでいるそうです。これまた初耳。

友人の日本人の方はこちらに3年住んでいるそうで、ガイドブックには載っていない穴場に連れて行ってくれました。地元の人で溢れる高台のカフェや、有名観光スポットの裏道等を満喫。お二人とも、どうもありがとうございました♪

さて夜のパテオは土曜日でお客様がたくさん!日本人のお客様もいらっしゃいました。演奏が終って帰るときには午前1時をまわっていました。

今日は久々に「セニョール・コインブラ」が登場。コインブラファド歌手のおじさまが、マントを翻して美声を披露。リズムも声の伸ばし方もリスボンファドとは違って独特です。コインブラファドも演奏できる師とギリェルメさん、さすが!!

今日の私の曲目は、

Cancao do Mar(海の歌)
Alfama(アルファマ)
Julia Florista(花売りのジュリア)

「海の歌」は合わせもなしでしたが、師匠たちがこちらの呼吸にぴったりと合わせてくれるので、伸び伸びと歌えました。毎日見える美しいテージョ川と、飛行機から見えた広い大西洋のおかげでイメージが膨らみました。滞在中に大西洋沿岸へ行って、肌でその姿を感じてこようと思っています。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ