Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2008/10/19

Foi Maria Madalena  2008年リスボン日記

この週末は祈りの街「ブラガ」へ行ってきました。ポルトガルの北のミーニョ地方に位置し、かつて宗教都市として栄えた街です。

街の郊外には海抜400メートルの丘の上に立つ教会「Bom Jesus(ボン・ジェズス)」があります。キリスト教の巡礼地として有名な聖地です。バスやケーブルカーで頂上の教会の近くまで行くこともできますが、丘の中腹から続く祈りの道から歩いて登ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
(街の中心から20分ほど歩いた丘の中腹から始まります。道の左右には礼拝堂が点在し、頂上の教会のある丘のあたりまで15箇所ほど続きます。礼拝堂の中はキリストの受難が一場面ずつ像で描かれており、祈りを捧げながら登ります。)
クリックすると元のサイズで表示します
(まず「最後の晩餐」から始まります。キリストの隣にいるのはマリア・マダレナ〔マグダラのマリアのポルトガル称〕。ポルトガルではマリア・マダレナへの愛情も大きく、彼女についてのファドもあります。それを思い描きながら登りました。)
クリックすると元のサイズで表示します
(木陰の中、道が続きます。)
クリックすると元のサイズで表示します
(十字架を背負うキリスト、見守る聖母マリア:一番左)
クリックすると元のサイズで表示します
(教会下の階段。かなりな傾斜のため、途中の白いバロック様式の階段からは横にジグザグに進みます。)
クリックすると元のサイズで表示します
(十字架に打ち付けられたキリスト、嘆き悲しむ人々。聖堂内は各場面に合わせて背景や地面が異なり、像は表情豊かに場面を伝えます。このあとは十字架から降ろされ埋葬後、復活まで場面が続いて行きます。)
クリックすると元のサイズで表示します
(頂上の教会Bom Jesusの内部。)
クリックすると元のサイズで表示します
(Bom Jesusから更に30分ほど登ると、もう一箇所教会があります。天に更に近い教会、日曜ということもあり、地元の方々がたくさん礼拝にいらっしゃっていました。)
クリックすると元のサイズで表示します
(後ろを振り返るとその高さに驚きます。昔の人は熱い信仰心で、これだけのものをこんな高い場所に作ったんですね。)

「Maria Madalena」

 愛に悩み人生を狂わせてしまった人
 私はその人に対して泣きもしないし可愛そうとも思わない
 聖人の一人もそういう人生だったから 
 それはマリア・マダレナ

  私たちを魅了させるその愛はキリストも感じた
  だから彼は愛によって狂った人も
  聖人にしたではないか

 イエスは私たちに何を見せたかったのか
 それは愛は罰されないこと それゆえ彼女を救った
 だから私は愛に悩み苦しむ人を
 哀れと思わないし泣くこともない

  聖母マリアもこの二人の愛を知っていた
  知っていて罪深い彼女を聖人として迎え入れた

 彼女はたくさんの罪を犯した
 小さいものから大きいものまで
 しかし最も愛し 最も愛を知ったのも
 マリア・マダレナ









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ