Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2009/2/4


今日から本格的に授業がスタート。宣言通り、ポルトガル語のみでどんどん話す先生にみんな必死について行く。「コースの終る5月にはちゃんとしゃべれるようになってるはずよ!」というコンセイサォン先生の笑顔は何故か信頼できる。

授業後は日本語の上手なポルトガル人の友人たちと、ポルトガル人と結婚している日本人女性の友人たちと旦那さんとで中華料理を食べに行った。アンジョスに安くて美味しいお店があって、初めて連れて行ってもらった。同じ大阪出身のエリコと大阪弁で思いっきり話してとても息抜きができた。京都に8年近く住んでいた建築家のペドロさんも時々関西なまりを入れて話してくれた。1月中旬から、演奏の仕事やテスト、取材と撮影が続き、ずっと頭がポルトガル語フル回転だったので、やっと休まった気がした。とてもありがたい理由での疲れだったし、語学力もおかげであがったけど、たまにはこんな時間も必要。前より心に余裕もでてきたし、これからはもう少しこうやって暮らしも楽しみたいと思う。

ディオゴさんとトモコ夫妻、エリコと別れて、アンジョスからバイシャへ運動がてら歩いて帰った。歩きながらペドロさんとヌノさんが「日本人のための発音講座」をやってくれた。日本人にポルトガル語を教えていたペドロさんは、日本人の苦手ポイントをよくわかっているし、教え方もよくわかっているので私にはありがたい時間だった。授業でもちょうど発音をやったところだったからタイムリー☆「3つのポイントを押えればだいぶ変わるよ」というペドロさんのアドバイスは効果抜群!お二人ありがとう。


2009/2/3

Acabou a filmar.  2009年リスボン日記

今日からリスボン大学の2学期の授業がスタートした。今期の先生は女性の方で情熱的な方だった。RTPの取材班も同行という驚きの初日だったけど、今日は自己紹介や語学力チェックのテストを受けるのみだったので、本格的な授業は明日から始まる。「このレベルではポルトガル語しか授業で使わないわよ。」と笑顔で宣言した先生に私はついて行きます!

夜は、パテオでファド撮影を再び行った。インタビューも受けたのだが、カメラマンのペドロがとてもキレイな絵を撮ってくださった。ポルトガル語でのインタビューは話せる限り自分の思いを話したつもりだ。完璧なポルトガル語ではないけれど、逆に言うと、日本語で変に飾り立てることなく率直に気持ちを伝えられたので、今の自分の姿になっていると思う。

撮影の合間に、RTPのジャーナリストのディアナが「ネットでクミコの記事をいっぱいみつけたわよ、ラジオも聞いたわ。有名人じゃない。」と教えてくれた。帰宅して調べてみると、以前フランス人記者から受けた取材記事がいろいろな言語に訳されてネットニュースに出ていた。英語版を見つけたのでご覧下さい。

TODAYonline.com(掲載期限は不明です)

RTPの撮影は本日で終了、このリスボン滞在は私の人生にとって本当に大事なものとなった、それをこんな形で記録していただけたことは大きな喜び以外の何物でもないと感じている。取材撮影を行うにあたって、協力してくれた友人たちにも本当に感謝をしている、ありがとうございました!

放送はインターネットでも見られるそうなので、分かり次第お知らせいたします。

2009/2/1

O VIOLONCELISTA GAUCHE  2009年リスボン日記

クリックすると元のサイズで表示します
今日はパテオにいく前に、日本大使館主催の「セロ弾きのゴーシュ」コンサートへ行って来た。会場はレスタウラドーレスのフォス宮。出演はベルギー在住のピアニスト・田代薫さん。ポルトガル人のソプラノ歌手とチェリストが共演し、3人で宮沢賢治の世界をリスボンで奏でてくれた。

フォス宮へは初めて行ったのだけど、素晴らしい内装でため息がこぼれた。おかげで、まさに王様気分のコンサートだった。日本では文化遺産でコンサートはなかなかできないけれど、ポルトガルでは小さな催しもこういったところで聴いたりすることができて、私は大変気に入っている。コンサートそのものも素晴らしかった。

田代さんは、演奏と合わせて英語で宮沢賢治の世界について説明をしてくれた。母国語のように英語を話す彼女はとてもかっこよくて、憧れた。外国で暮らし、自分の仕事をして、時には拠点以外の国でのコンサートもこなす、すごいことだ。その意志の強さが伝わってきた。日本人の凛とした強さと美しさもあって、私は彼女に感銘を受けた。幸運にも終演後の食事会に参加させていただき、彼女と話をすることができた。こんな素敵な方に会えたおかげで、エネルギーが沸いてきた。こんな女性を目指して頑張りたい。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ