Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2009/2/11


クリックすると元のサイズで表示します
今日も気温が上がり、2月半ばというのに春のような陽気が訪れた。にわか雨も今日はなく、2日続いた青いポルトガルの空が人も街も明るい表情にしてくれた。大学では庭に黄色い花がたくさん咲いて、春の光景がひろがった。授業後に、モルドヴァ人のアナトールや中国人のジャンと「わぁ、きれい。朝は気が付かなかったね!」と感激していた。でも「florescer:咲く」という単語が私より上級クラスの生徒もみんな分からず、「なんていう動詞か知らないけど、言いたいことはわかるよ!」と、みんなで手でつぼみから花開くジュエスチャ−をして笑った。とても幸せな気分だった。言葉が不自由な方が時として気持ちが通じあうし、優しくなれることがあるなと思う。みんないい仲間だ。

毎年新しいスタートを感じさせてくれる「春」は大好き。新年とはちがうけれど、年度始まりと桜のある春は私にはとても重要。今年は気候も年度感覚も異なるポルトガルでどう迎えるのだろうと思っていたけど、2学期が始まり、アーモンドの花やタンポポも咲き始めて、「もしかして『今』かも」と、ポルトガルで一足早く春を感じている。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ