Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2009/3/6

a minha irmã velha  2009年リスボン日記

木曜日からクリスティアナがオランダに行っているので、火曜・水曜担当のジャクリーヌが替わりを務め、今週は彼女とかなり話ができた。

とても明るくて人柄のいい彼女を年上だと思っていたら、実は4歳も年下でびっくりした。こちらの人の年齢は本当によくわからない。アジア人は幼く見えるのでお互いに誤解をしていた。でも相変わらずジャクリーヌは私の姉のような存在だ。以前も書いたように、彼女とは重なるレパートリーも多いので、それを知った彼女は私のためにいろいろ歌ってくれる。今日は「Fado blanque」を練習した。そして、彼女は何かいい新曲を見つけると「一緒に覚えよう」と私も誘ってくれる。私はまず意味調べからしなければならないので、彼女と同じペースでは習得できないのだけど、その愛が私はとても嬉しい。

底抜けに明るくて、よく気のつく姉御肌なジャクリーヌの歌はやっぱり楽しい。悲しい歌もその情の深さでしっかりと聞かせてくれる。気取らない彼女と一緒にいると、ありのまま自分をもっと大事にしよう気づかされる。

彼女に限らずうちのギタリストたちやファディスタは明るく冗談好きだ、ファディスタというと静かなイメージがあるかもしれないけれど、いたって普通の人間ばかり、歌にもそれぞれの性格が生かされている。その方が、悲しみも喜びもダイレクトに伝わるように思う。私ももっと自分自身を歌に生かしていきたい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ