Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2010/2/27

uma noite de fado que não tem nome  2010年リスボン日記

クリックすると元のサイズで表示します
今夜は、お世話になっているエドアルドおじさん主催の「ファドの会」にゲストで呼んで頂きました。近所の集会所を借りて催された地元の人たちだけの名もなきファドの夜、実はこういった場で思いがけず心打たれるファドに出会えることがあるのです。
クリックすると元のサイズで表示します
バイロ・アウトにある「A Tasca do Chico」がアルファマにもオープンし、アルファマ店のファド・ヴァディオ開催日に司会を務めているのがエドアルドおじさん、今日も司会進行を務めました。

「誰のほうが上手いとか、いいとか、そういうものじゃないのはご存知の通り。それぞれ違うファドがある、今夜はそれを共に味わおう。」と言い歌い始めました。その通りだと思います、そして、それを共有しようと夜の22時から夜中の2時まで皆が集まる事にもファドの良さがあると私は思います。ご近所さんや友人たちがこういう場で顔を合わせて談笑したり、コミュニケーションをとることにファドは一役買っているのです。とてもいい場だなと思いました。機械のカラオケがあまり普及せずにいるのは、経済的理由以外にもこういう側面もあるように思います。歌う人の心と同時に、共に聴く人の心も分かち合える、ファドをファドとして大切にしている瞬間に立ち会えます。

エドアルドおじさんの友人だけあって、いい味のおじさまファドがたくさん聴けました。まるでマイ・ウェイのようなおじさまファドが特に印象的でした。そして、ご近所ポルトガル人だけの会では、ヴァディオでも聴かないようなファドがちらほら飛び出して大合唱になります。歌詞がわからないのが悔しくてなりませんでした。CDに収録されていない世界、誇らしいポルトガル文化が住宅地の中の蛍光灯で照らされた集会所に息づいています。


◇おまけ『お母さんの味』◇
会が始める前にエドアルドおじさん宅でいただいたポルトガル料理。レストランもいいけれど、家庭でいただくお母さんの味はもっと優しくて幸せ。

●バカリャウ・アッサード(鱈のオーブン焼き)
クリックすると元のサイズで表示します
オリーブオイルと玉ねぎだけのシンプルな味。フライドポテトを添えて。テーブルクロスも可愛いのがポルトガルの食卓。

●アローシュ・ドース(お米のプディング)
クリックすると元のサイズで表示します
私は甘いお米は苦手だったんだけど、温かいうちにいただいた奥さんの味は美味しかった。

●孫のペドロ君
クリックすると元のサイズで表示します
お料理じゃないー、メロメロでした。まつげぱっちり!引き出しあけて色んな物をとりたい盛り。世界中どこでも子供はそうなのですね。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ