Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2010/3/13

os guitarristas que tocam no Fado Vadio  2010年リスボン日記

今、ファド・ヴァディオはおもしろい!

歌いたい地元客がやってきて、飲みながらファドを披露していくのがファド・ヴァディオです。司会者またはその日のホスト役(歌手だったりギタリストだったり)が歌う順番を決めていきます。ギタリストはプロが揃います、そしてこのギタリストたちの掛け合いがおもしろい!歌い手は素人からプロまで様々、ギタリストはリハもなしに初めて合わせる歌手と演奏をしなければなりませんが、このギタリストたちの演奏も是非聴いてもらいたい!

歌手がどういう呼吸で歌うかわからないからこそ、ポルトガルギターとギターの信頼関係は深まり、呼吸がわかって来るとギタリストたちは互いに掛け合うような即興フレーズを入れて演奏を楽しみます。ギタリストも今日は誰と弾くかというのが定かではありません。他の演奏の仕事が入ったから変わりの人が来る事もしばしばあります。小さな街ですし顔見知りの場合が多いのですが「今日はこの人とどんな感じになるかな」という緊張感を彼は楽しんでいるよう見えます。

若手同士のギタリストの組み合わせ、先輩格と若手の組み合わせで飛び出す音もかわってきます。私は「お、そう来たか。これはどうだ」と言う感じでフレーズのやり取りを楽しんでいるギタリストを見るのが好きです。最近ファド・ヴァディオにも実力のあるギタリストが結構いるのでその辺りも楽しんでみてはいかがでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します
(中堅40代のポルトガルギター奏者と若手20代のギター奏者。変な気の使い合いはなく、お互いの良さを引き出しあうミュージシャンシップに溢れる人がたくさんいます。)

<私のお薦めファド・ヴァディオ開催店>

●A Tasca do Chico バイロ・アウト店
 (居酒屋、月曜と水曜、司会者あり)
●A Tasca do Chico アルファマ店
 (レストラン、火曜・木曜〜日曜、司会者あり)
●Chapitô サンジョルジェ城近く
 (バー、サーカス小屋とレストランもある場の地下、金曜、ホストプロ歌手あり)

以上3店舗はチャージなし、飲食代のみ、予約なし、ファドは21:30〜22:00前後から始まる(お店によって異なります)。好きなときに行って帰ってOK。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ