Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2010/6/30

uma salva de plmas  日記

日本とポルトガル、両チームが敗退・・・。夜中に2ゲーム観ておりましたが、泣けました。切なかったです。思い切り挑んだからこその涙、殺伐とした事件が多い中、勇気と希望をくれた日本代表に感謝します。

「日本勝ったね、おめでとう!」と決勝トーナメント進出が決まった際に、ポルトガル人の友人がメールをくれました。結果はベスト16でしたけれど、日本に興味を持ってくれるポルトガル人が自分の周りにもいて、自分の国を誇れることを喜びに感じました。

以前から、本田選手が出ているロシアリーグの情報はポルトガルでもテレビなどで流れていました。外国で自分の力を出そうと戦う日本人の姿は、当時リスボンで歌う私にも勇気をくれました。師匠たちにも「この人、日本人でしょ?すごいね。」と言われた事があり、今回の試合を観ながら、そのことを思い出しました。

ありがとう日本代表!お疲れ様でした。


2010/6/25

Portugal vs Brazil  日記

ポルトガル決勝トーナメント進出!!おめでとう!!

サッカーに詳しいわけではない素人の私ですが、スピードのある海外の試合は観るのが好きです。今回も手に汗握る戦い、レベルの高いものを見せてもらえて満足!イエローカードが7枚というのは少々驚きましたが・・・。

選手同士がお互いに言葉が分かる国同士ですし、試合後の選手たちのやり取りやインタビューも含め、私にはとても興味深い試合でした。この2国間には歴史もいろいろありますから、我々が考える以上の想いもあるはずです。

さて、決勝トーナメントで「日本vsポルトガル」の可能性もあるわけですね。わぁ、心臓がドキドキしてしまいます。私はどっちを応援するのかって?

É segredo!





2010/6/24

Olhem!  日記

7月18日からの愛知ライブのフライヤーが仕上がりました。もう会場に届いております。

絵は名古屋「カフェ・デュフィ」で昨年行ったライブの際に、画家のお客様が描いてくださった私のお気に入りです。

サウダーデの夏ライブ、ご期待ください!

クリックすると元のサイズで表示します

2010/6/21

Campeonato do Mundo África do Sul 2010  日記

 サッカーワールドカップ予選G組
   ポルトガル 7−0 北朝鮮



みなさんご覧になってました!?

ポルトガル代表すごかったですね!突破突破ゴールゴールゴール!!!興奮しましたよ、今頃ポルトガル国内は熱狂していることでしょう。きっとビールにカラコイシュ(かたつむり)だ!25日のブラジル戦が楽しみです、サッカーに詳しい訳ではない私でさえ、どんなすごい試合がみられるか胸が高鳴ります。

ポルトガル好きのみなさん、精一杯応援しましょうね!

あ、一つだけ。残念なことにニュースではポルトガル人の名前がブラジルのポルトガル語発音、または日本のカタカナ読みになってしまっています。私は違和感でいっぱいなので、ポルトガルファンの人には是非正しく呼んで欲しくていくつかご紹介します!

Cristiano Ronaldo 
× クリスアーノ  → ○ クリスティアーノ

Tiago
× アゴ      → ○ ティ

Simão
× シン       → ○ シマォ

是非、ポルトガル好きの方は彼等の名前のポルトガル読みを覚えてくださいね!

Força!Portugal! 

2010/6/17

Sardiiiiiiiiiinha!  日記

ワールドカップのポルトガル初戦、引き分けで悔しかったですけど、レベルが高い面白い試合でした!

・・・と、サッカーに夢中になっていましたけれど、先日の13日(日)はリスボンの守護神サント・アントーニオを祭る「サント・アントーニオ祭」でした、別名「鰯祭り」!リスボンにいる友人によると、今年も賑やかに行われたとのことです。
 クリックすると元のサイズで表示します
これです、これ!美味しいお塩とオリーブオイルでシンプルにいただく『鰯の塩焼き』(Sardinha assada)。リスボンの空が鰯の煙で曇るんじゃないかというくらい、「鰯鰯鰯」なのです。

お皿でいただくものいいですが、パンをお皿代わりにして、焼いた鰯を丸ごとのせて食べる「鰯サンド」がお祭りには欠かせません!私も食べたことがあります、骨ごとまるごとパンと一緒に食べました、これぞリスボン流!

  クリックすると元のサイズで表示します
夜の0時をまわっても、アルファマの路地は人で埋め尽くされて、飲んで踊る人たちでいっぱい。
 クリックすると元のサイズで表示します
露店もいっぱい。
 クリックすると元のサイズで表示します
サント・アントーニオといえば「鰯」とこの鉢植え「マンジェリコ」!マンジェリコは恋人や好きな人に贈るのが慣わしです。この鉢には愛の詩や、お花もついています。

私も歌っている「Chera a Lisboa(リスボアの香り)」にもこのマンジェリコの香りについての歌詞が出てきます。

 Os lábios têm o cheiro de um sorriso, 
  微笑が香る唇
 Manjerico tem o cheiro de catigas,
  愛の詩が芳しいマンジェリコ
 E os rapazes perdem o juízo
  そして青年たちは夢中で
 Quando lhes dá o cheiro a raparigas.
  その鉢植えを娘たちに贈る

歌の2番にでてくる歌詞です。この「サント・アントーニオ祭り」を想像しながら聴いてみて下さい。

リスボンから写真をくれたガラス作家の豊田康次郎さん、語学留学中のハルナちゃんありがとう!

それから、サント・アントーニオ祭り当日がお誕生日の師匠、おめでとう!Parabéns!!

 

2010/6/14

Vamos andar!  日記

クリックすると元のサイズで表示します
11日は豊田市足助の人気ライブカフェ「足助のかじやさん」で弾き語りライブ。日本で2ステージを弾き語るのは初めて、びっくりするくらい緊張していましたけど、楽しみました。

この日の相方はポルトガルギターの西村輝彦さん、愛知方面ライブではすっかりおなじみのポルトガルギター奏者さん。居心地よくライブをさせてもらえる兄さんです。私が選ぶ「麦わらが似合う男」ナンバーワン。
 クリックすると元のサイズで表示します       
翌日は恒例の「たんころりんのキャンドルナイト」にも出演。歌のファドに加え、ギタラーダ(インストのファド)を弾き、たんころりんのテーマソング「たんころりんの町」も歌わせていただきました。優しい気持ちになれる、やわらかなたんころの明かりにぴったりな曲です。
 クリックすると元のサイズで表示します
毎回癒される大好きな足助の旅。朝は「ホーホケキョ」の声で目覚め、地元の方に畑のお花をプレゼントされ、散歩をしていたら「冷たいものでも飲んでいきなさいな」と声をかけられ、夜はスタッフさんや出演者と労をねぎらい盃を交わす…、大切なものでいっぱいの足助です。

また8月開催の「たんころりんの夕涼み」(8月7日〜8月15日)にも演奏者として出没予定ですので、足助の町を歩きに来てくださいね。

2010/6/7

Obrigada, Kita-Kyusyu!  日記

北九州のライブは満席御礼で終了いたしました。皆様、本当にありがとうございました。

以前、長崎の病院で慰問コンサートをさせていただいたことはあったのですが、「ライブ」という形式では今回初めて九州で歌うことができました。それも満席御礼!本当に嬉しかったです。

また、方言好きの私はあちらの言葉を聞けたのもとっても嬉しくって、一人で勝手にウキウキしておりました。もちろん美味しいものもいただきましたよ☆

「九州でもファドを広めてね。」というお客様の言葉を胸に、今後も九州でのライブが継続できるよう動いていきます。今回運営にあたってお世話になった皆様、本当にありがとうございました。胸があったかくなる2日間を過ごさせていただきました。

必ずまた近いうちに行きます、待っててくださいね!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ