Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2005/6/7

ここはファドを愛する者しか入れない  2005年6月リスボン日記

 今日はアルファマの名店「Fado maior」へ。ファディスタのジュリエッタ・カステロさんのお店。旦那さんのルイスさんはファドを心から愛する人。ファド博物館の展示品の数多くが彼のコレクションだったもの。ファド界じゃ有名な方。
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨日の「O faia」はバカンスシーズンのせいか観光客重視。ファドが始まってもうるさいお客を静かにさせないし態度も悪かった。レニータ・ジェンティルの歌はさすがだったけど、トップのお店がこんなことでいいのかというのが正直なところだった。「やはり冬のほうがファドはいい」という意見が飛び交った。
 逆にこのお店はそれを絶対にしない。騒ぎそうなお客は追い返すし、心からファドを愛するルイスさんとジュリエッタさんたちの心づくしのもてなしがある。今日は私はここでうまれかわれるほどのもてなしをうけた。

 ここでは二曲歌うこととなった。
 その後、夜はふけてお客は私たちだけになった。ギタリストたちともうちとけて、更にセッションが始まる。ここはカスティーソをこよなく愛するお店。カスティーソを多く歌う私にジュリエッタさんたちはとことんつきあってカスティーソの魂を教えてくれた。日本じゃわからなかった境地!高度な要求もされた、でもそれが逆に嬉しかった。ここ一週間の間、アントニオ・パレイラ氏、マリア・ベンタさんをはじめたくさんの現地のアーティストがくれたたくさんのファドの心と、日本から続けていたエスキーナとの模索が一気に花開いた。何かが音をたてて崩れていった。涙が止まらなかった。はっきりつかめたものがあった。「私の心がメロディーをつくる」、そんなファドの心をもらった。ファド・カスティーソには伴奏の基本コード進行とおおまかなメロディーしか決まっていない。そのことは知っていたけど、その理由が今日はっきりとわかった。なぜなら、歌い手がその瞬間に作り出すからだ。
 ギタリストたちがエンドレスでFado das horasの伴奏をひいてくれた。ジュリエッタさんたち掛け合いながらどんどんメロディーをつくっていく。私も入り込んで歌う。なんて自由でなんて魂に響くこの音楽!たまらなかった。
 帰りにジュリエッタさんが「Parabéns」と言ってくれた。ファディスタ同士じゃなきゃわからないこの言葉。私にとって今日は忘れられない誕生日となった。
クリックすると元のサイズで表示します
(ファドを語る歌。アルファマで歌うとたまらない。)
クリックすると元のサイズで表示します
(歌詞を教えてくれるジュリエッタさん)
クリックすると元のサイズで表示します
(ルイスさんと)

2005/6/6

観光シーズンは・・・  2005年6月リスボン日記

 昼前に夜行きたいカザ・ド・ファドを予約にバイロ・アルトへ。名店「O faia」。電話の場合断られることがあるので直接予約。態度悪し・・・。
 帰りにアルカンタラ展望台へ。昨日行ったサン・ジョルジュ城もみえる。いい眺めです。
クリックすると元のサイズで表示します
 寮にもどって昼食(自炊)。今日はホワイトソースのパスタです。なかなかのでき。昼食後発音練習。「L」と「R」の発音徹底的に。舌が攣りそうでした。

 夜待ちに待った「O faia」へ。
クリックすると元のサイズで表示します
(食前酒は白のポルトです)
クリックすると元のサイズで表示します
(「元気でやってます」月本・水谷)

2005/6/5


 昼のサン・ジョルジュ城からかえってから、途中で飲んだビールにやられて仮眠。暑かったし、ほてりがすごかった。
 起きてから、上の階の水谷さんにギターを弾いてもらって曲の合わせをやってもらう。昨日教わったことを確認。1日10分でもいいから復習ができると成果がちがう。寮というのはそういう意味でも助かる。
 私が初日から追い込みをかけているのを察してくれた水谷さん、日本語の曲でもうたってみればと弾いてくれる。大好きな曲を一曲口ずさむ、気分転換。正直なところ自分で自分の尻をたたいて追い詰めたり、練習の環境に身を置くのは好きなので、あまりそこまで思っていなかったのだけど、少し気分転換でもしなよと助け舟、確かにほっとした、ありがとう。
 語学やファドのこと、私のメンタル面のことで月本さんともこっちにきてから毎日話をする。本当に合宿。わいわいしつつ、がんばりつつ、幸せだと思う。

 夜はまたアルファマヘ。
クリックすると元のサイズで表示します
(ぶれてますが・・・、歌い終わった瞬間にお客に料理をわたす女性。エプロン姿でさっきまでうたってた)
 日曜日で人が少ない。小さなお店からファドが聞こえてくる。プロフェッショナルじゃないお店。ウェイトレスがうたってたりする。こういうのもおもしろい。

クリックすると元のサイズで表示します
(帰り道でコルメシオ広場に寄り道。右手にサン・ジョルジュ城もみえます)

2005/6/5

リスボンをうろうろ  2005年6月リスボン日記

 今日は昼からサン・ジョルジュ城へ。暑いので汗だくです。坂道を登っていきます。日曜日なのでなんだか人は少ない。近道を通っていきました、地元の人しかいなかった。
 景色が見事。なんか見たことある風景だなあと思ったら、Esquina do SomのCDのジャケットの写真の景色だった。実際にあの写真をとった場所をおしえてもらった。こんなかんじ。
クリックすると元のサイズで表示します

 時がすぎるのをわすれちゃう感覚。ベンチにすわってぼんやり・・・。ツバメの声が心地いい。そういえばファドの歌詞にツバメがよくでてくるの。こういうことかあ・・・と思った。たくさん飛んでます。

2005/6/4


 こうなるだろうとも、こうあるべきだとも思っていましたが、あせってます。というか追い込まれています。ん、若干自分で追い込んでもみました。
 日本で通じてもこっちじゃ通じません。言葉の問題は大きい。アントニオ・パレイラ氏は「あかねは、このまま練習していればしゃべれるよ」といってくれました。だから、今日は朝から勉強します。Eu estudo portugue^s.
クリックすると元のサイズで表示します
(ファド博物館のギターラ教室にて アントニオ・パレイラ氏のギターラ)

2005/6/4

小さいことの積み重ね  2005年6月リスボン日記

 ただいま早朝五時。お店から戻って、一息ついて、音源をパソコンにアップしたりしていたらこんな時間・・・。

 今日は疲れをとりつつ、昼間はポルトガル語と歌の発音練習。小節の頭にアクセントをはめ込んでいく作業。これができると歌がからりとかわる。頑張った。

 夕食を寮でとる。スペイン人のマリオが学校がお休みでひまらしく、台所のわたしたちのところへ。彼は気さくでおもしろい。日本語を知りたいという。「お名前はなんですか?」と「私はマリオです。」を憶えていた。他に女の子へのお世辞もしっかり教わって満足げ。私もエスキーナも大笑い。

 お店に出発するまえに練習した曲をチェック。エスキーナの二人とあわせる。できなかったところは何度も繰り返して本場のリズムを体にたたきこむ。随分かわってきた。今日の午前中のあせりがすこしやわらぐ。
 クリックすると元のサイズで表示します
(毎日の日課となった発音チェック。私の先生に快くなってくれたアントニオ・パレイラ氏)

 お店についてから、二曲発音とリズム(譜割)チェックをパレイラ先生にしてもらう。こっちも真剣なのもあって、彼は熱心に、嬉しそうにおしえてくれる。本当に感謝。一昨日おそわった曲をきいてもらってチェックしてもらう。OKがでた!練習法が正しいことが確認できた。このやり方で毎日やれば20曲くらい形にできる。頑張ろうと思う。
 で、またこの甲斐あって今日もお店で歌わせてもらえた。それに、はっきりと成果が歌にでていて、しっかりと感触もつかめた。基礎のラインが見えてきた。一気にあせりが消えました。ほっとしたのが正しいかな・・・。とにかく内容的にも結果的にも嬉しかった。今日は日本からはるばる私たちにあわせて来てくれたご一行が到着。日本でライブによく来てくださる方々です。お店に来てくれました。日本で聞いたものと違う歌を聞かせられたのでそれも嬉しかった。まだまだ先は長いですが、一段ずつ上ります。
クリックすると元のサイズで表示します
(親子です。楽譜チェック)

2005/6/3

アルファマに酔いしれよう  2005年6月リスボン日記

 今日はお休みの日。観光へいきました。ポルトガル三日目で初観光です。世界遺産のサンタ・マリア修道院を観にアルコバサへ。ファドの「コインブラ」にもでてくるペドロとイネスの棺がここにあります。並んで棺があるわけではないのですが、最期の最期でやっと添い遂げられた二人の棺は感慨深いものがありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 
 夜は4人でカザ・ド・ファドへ。Clube do fadoがいっぱいだったので、アルファマをぶらぶら。すると、野外に席を設けた飲み屋(バー?)発見。ファドが歌われていました。プロ級ではない方たちが歌っています。お店のおばちゃんとかおじさんとか。いわしのいい匂いと一緒に生活感ただようファドが響きます。正直なところ、そんなに上手くはないのですが人柄そのまんまのファド。こういうのにお目にかかれるのも楽しい。
 で、飛び込みで歌うことに。エスキーナの二人はもちろん楽器をもっていませんから、初めて会うおじ様たちとぶっつけで歌いました。緊張感と楽しさが隣り合わせの楽しいひと時でした。場が盛り上がったのでよかったです。
 あとあと寮にもどって録音していたこの音源をきくといろいろ勉強になりました。昨日のパテオの方が発音・リズムがきっちりしている。一日たつと、やはり体に染み付いた今までの歌い方が出てくるので、これはいい意味で勉強になりました。実地研修ってこういうことです、本当に。

 うろうろしてたどり着いたのは、大物アルジェンティーナ・サントスのお店「PARREINHA DE ALFAMA」。しかもラッキーなことに今日は大物ご自身が歌う!アマリア時代の最後の大物といわれる方です。彼女の歌に虜になりました。CDできくのとは全く違う。呼吸がすごい。一瞬フロアー全体の時が止まるような惹きこみかたを見せてくれます。聞かせ方が本当に上手い。刺激がたくさんでした。
 あと印象的だったのは、ビオリシュタのルイシュ・トマールの弾き語りファド。ギター一本で聞かせます。フラメンコっぽく弾いたり、アルペジオがはいったり、奏法を様々にあやつって、しかもいい声で見事に歌います。今日は本当にラッキーでした。

クリックすると元のサイズで表示します
(首をかしげてご覧下さい・・・。大物アルジェンティーナ・サントスと)
クリックすると元のサイズで表示します
(アルファまで歌う)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ