Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2009/6/2

Toco a cantar.  2009年リスボン日記

今夜はずっと歌いたかった曲を思い切ってリクエスト。と言っても今日はまだリハーサル、この滞在で最後の新曲だ。うまく合わせもできたので週末にはお客様の前で歌う予定。リハの際に「こんな曲です。」と自分でギターを弾いて少し説明ができたことが私には大進歩♪ギリェルメさんが歌い方のコツを伝授してくれたし、いい仕上がりになりそう。

空き時間には廊下で師匠と弾き語り。まだまだ下手な私の伴奏だけど師匠も口ずさむ、かなり嬉しい一時。こういう時には必ずドアマンのセニョール・アルマンドが側で微笑みながら見守ってくれている、サービスの人たちも通りすがりに鼻歌、私の大好きなパテオの舞台裏。

2009/6/1

sentir e lêr  2009年リスボン日記

詩についての疑問があって、今日は日本語を話せるポルトガル人の友人に会って教えてもらった。詩は本当に難しい。ポルトガル独特の言い回しや文化背景もあるので、文法を勉強しただけでは読みきれない。

アマリアは「読むより感じる」と言っていたそうだ。私も感じるほうが好きなのだけど、やはりアジア人の私にはポルトガル語はまだまだ大変。友人に訪ねたところ、「これ、ポルトガルならでは言い回しだね」というところがたくさんあったし「ポルトガル人でもこれは難しい」というものも多かった。でも疑問を抱えながら歌いたくはないのでとてもすっきりした。

生活習慣や文化の違いを詩の中でも発見するけれど、それを越えた人間としての感情に共感するからこそファドはおもしろい。どんな文学も音楽もきっとそうなのだろう。

2009/5/31


クリックすると元のサイズで表示します
ジャカランダの花が咲いた。
クリックすると元のサイズで表示します
今ちょうど見ごろで、美しい紫色がポルトガルの街を彩っている。パテオの前の木も、もうすぐ満開♪

2009/5/30

Falta só um mês.  2009年リスボン日記

帰国まであと一ヶ月を切った。お店のみんなが口々に「もうすぐ帰るんだねぇ。」と声をかけてくれた。師匠は相変わらず「いや、お前は帰れないよ、まだまだ残って歌いつづけるんだから。」と言ってくれる、これはこれでとても嬉しい。

マデイラ島で四六時中ポルトガル語を話して過ごしていたからだろうか、今日はとてもいい発音と声が出て、気持ちもよりこもった。お客様もとても喜んでくれていい歌が歌えた。師匠も「今日は特に良かった」と言ってくれた。ホールサービスのルイスさんも私に近づいてきて、お客様が言ってくれたお褒めの言葉を伝えてくれた。

こうやって、お店のスタッフさんにまであたたかく見守ってもらえていることが私は本当に嬉しい。今ではサービスのスタッフさんは私をちゃんと一人の歌手として扱ってくれて「日本人のファディスタも歌うんですよ。」と積極的にテーブルで言ってくれている。厨房の人もとっても優しく接してくれるし、仕事の後には美味しい料理を出してくれる。その料理をギタリストや歌手達とわいわい言いながら食べるのが日課だけど、とても幸せだと感じる。

「今日のイカのリゾットどうだった?」と厨房の人がお皿を片付けながら聞いてくれた。その質問もひっくるめてとっても美味しかった。


2009/5/27


クリックすると元のサイズで表示します
今日はパレイラ一門のトリプルポルトガルギター♪
ファディスタは力強い声が魅力のジャクリ−ヌ。

2009/5/27


クリックすると元のサイズで表示します
大西洋に浮かぶマデイラ島。強い日差しと真っ青な海と空、色鮮やかな花々、豊かな自然に恵まれた島に心も体も洗われる日々を過ごす事が出来た。
クリックすると元のサイズで表示します
Queimadasという島の中心部にある登山道へ。洞窟や滝、小鳥に出会いながら往復4時間程歩いた。一緒に旅をした寮のスペイン人たちと。
クリックすると元のサイズで表示します
島の東端は人の住んでいない荒野が広がる。ハウルの城が今にも歩いてくるんじゃないかと思ってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
荒野の空に飛行機雲。
クリックすると元のサイズで表示します
海底火山の噴火でできたマデイラは溶岩の大地が広がる。この東端だけは草と少しの花だけ。日が落ちてしまった帰り道は満点の星空が広がり、言葉を失った。あんなにたくさんの星を見たのは生まれて初めてだった。街灯も何もない暗闇で少し危ない道だったけれど、たった一つの携帯電話の光を頼りに、みんなで列を作って歌いながら星空の下を歩いた。一生忘れられない小さな冒険。
クリックすると元のサイズで表示します
午後9時、島の西の岬から。果てしなく広がる大西洋。かつてこの海にポルトガル人たちは出て行った。嵐の日もいくつもの犠牲も乗り越えて海を渡った彼らのこと想像しながら海を見た。

2009/5/21

Ilha da Madeira  2009年リスボン日記

本日21日(木)から26日(火)までマデイラ島へ行ってきます!
美しい島の自然を存分に味わいたいと思います。

この間、いただいたご連絡に返信ができません、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

Até breve!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ