2018/4/23

第12回 新岩国酒まつり  グルメ

広島からほど近い山口県岩国市周辺には有名なお酒「獺祭」など
いくつか酒蔵が点在していますが、
私が勤めている会社の同じ部署に岩国市から通勤されている
お酒好きな方から毎年春に山陽新幹線新岩国駅近くにある村重酒造
酒まつりがある事を以前から教えて頂いていたのですが、
今年初めて村重酒造の酒まつりに行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
今年で12回目
私は2日目の4月15日に行ってきました。
前日は竹原の中尾醸造の蔵開きへ行っているので2日連続でお酒を堪能。
クリックすると元のサイズで表示します
当日は227系に揺られて岩国へ 岩国駅で瑞風撮り損ねた(汗)
山陽新幹線新岩国駅近くという事で広島駅から新幹線で1駅ワープしても
良かったのですが、急がないということで山陽本線でのんびりと行きました。
山陽本線和木駅前と岩国駅前からはシャトルバスが出ており、
私は岩国駅から乗車しました。
クリックすると元のサイズで表示します
シャトルバスで約25分ほどで新岩国駅近くの村重酒造に到着
クリックすると元のサイズで表示します
始まったばかりでしたが、沢山の方が訪れており、賑やかでした。
クリックすると元のサイズで表示します
まずは枡付の3杯で500円券を購入。
初めて行く酒まつりでイマイチシステムがわからなかったが、
有料試飲を除くお酒が飲めるとの事でした。
もう少しちゃんとしたテーブルや台に置いて撮れば良かったのですが、
生憎空いていなかったので瓶を入れるケースがイス代わりに
なっていたのでそれに置いて撮影。
3杯で500円券は上撰でしたが、すっきりとして飲みやすいお酒でした。
美味しかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
日本一大きい杉玉
コレだけ大きい杉玉を見たのは初めてでした。
クリックすると元のサイズで表示します
ステージでは神楽などの催しが行われていました。
クリックすると元のサイズで表示します
3杯で500円のお酒を飲んだ後は有料試飲へ
村重酒造のお酒は昨年12月に錦川鉄道の利き酒列車に乗車した時と2月に職場の送別会で飲んで以来。
有料試飲では普段はあまり飲めない限定酒など飲みました。
秘蔵酒らしい「臥龍錦松純米大吟醸」、純米大吟醸の10年古酒を
飲みました。
どちらも美味しくかったですが、臥龍錦松純米大吟醸は流通しないお酒。
そして純米大吟醸の10年古酒に関しては1日目で完売したようです。
クリックすると元のサイズで表示します
村重酒造のお酒を飲む機会も無いので販売コーナーで店員さんに聞いて
おススメのうちの1本を購入。
「日下無双」(ひのしたむそう)は杜氏の名前を冠したお酒。
少量生産で、一本一本丁寧に造られているそうです。

毎年開催されているそうで、来年も行ければ行きたいですね!
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ