2019/8/17

阪九フェリー 新造船せっつ 命名・進水式  船ネタ

先日8月1日、三菱重工業下関造船所江浦工場で
阪九フェリー株式会社が2隻を発注したうち、建造中であるカーフェリーの
1番船の命名・進水式を行れたので行ってきました。
三菱重工下関造船所での命名・進水式を見学したのは久しぶり。
クリックすると元のサイズで表示します
新下関駅で地元在住のふくふく号さまと合流して
三菱重工下関造船所江浦工場に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
会場に到着 
工場建屋とギリギリです。
クリックすると元のサイズで表示します
平日にも関わらず、夏休みということで多くの見学者が訪れ
撮影場所を確保するのも難儀でしたが、何とか撮影場所を確保
式典は反対側で行われていたため、放送を頼りに見守りました。
クリックすると元のサイズで表示します
わかりにくいですが、「せっつ」と命名されました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
阪九フェリーの入谷 泰生会長による命名に続いて、
号鐘の合図で順次、船底の安全装置が外され、寄港地ゆかりの
女性による支綱切断が行われました。
支鋼が切断されて船が滑り降りていく姿は何度見ても感動します!
クリックすると元のサイズで表示します
式典出席者の記念撮影が行われ、式典は終了しました。
クリックすると元のサイズで表示します
下関駅に送っていただく途中、艤装桟橋が見える埠頭へ
阪九フェリー「せっつ」は進水後は艤装桟橋に係留されていました。
手前は海上保安庁ヘリコプター2機搭載型巡視船「しゅんこう」が艤装工事中
クリックすると元のサイズで表示します
巡視船「しゅんこう」は尖閣諸島警備のため第10管区海上保安本部に
配属の予定。

今回、命名・進水した「せっつ」は、阪九フェリーが運航する
カーフェリー4隻のうち「やまと」の代替となるもので、
今後は艤装工事を経て2020年春に新門司〜神戸航路に就航する予定です。
新造船のコンセプトは「星空と海をのぞむ癒しの旅」を
コンセプトに、従来船にはない客室最上階である
7階には、開放感のある空間を設け、
船内で一番大きな窓から星空と瀬戸内海が眺望できる
心躍るクルージングを楽しむことができるそうです。
新造船を紹介するHP
https://newship-han9f.com/#concept

「せっつ」要目
総トン数:16,300トン
全長:195m
全幅:29.6m
速力:23.5ノット
旅客定員:633名
⾞両積載台数:
8.5mトラック約277台および乗用車約188台
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ