2018/3/31

イルカに乗った少年が描かれた「じょうみち丸」   船ネタ

先日3月25日に音戸の瀬戸へ「ガンツウ」の撮影に
行ってきました。
まずは「ガンツウ」同様に撮りたかった船を紹介します。
クリックすると元のサイズで表示します
「ガンツウ」を待っていると呉港内から現れたのは
カメラのファインダーを覗くと船体構造物に何やら絵が描いてある!
コレはひょっとして、以前から撮りたかった「じょうみち丸」
当日は呉港内の事業所の埠頭に居る事はAISで確認出来てましたが、
いつの間にか動いてました。
昨年9月就役後、何度か目撃しているのですが、
呉港に居ても撮り難い埠頭などに停泊していることが多く
撮影出来ていませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
第2音戸大橋と「じょうみち丸」
クリックすると元のサイズで表示します
「じょうみち丸」
クリックすると元のサイズで表示します
船体に描かれているのはイルカにマイクを持った人とこの衣装といえば・・・
歌が大ヒットした「イルカに乗った少年」を歌われていた城みちるさんです!

歌手名と曲を知っているだけで年齢層がバレるかも?(笑)
私はこの世代ではないですが、過去の映像などで歌われていたことは
知っています。

城みちるさんは呉市音戸町(旧安芸郡音戸町)出身で
現在はローカル番組にも出演されてます。
船体に描かれている位だから、城みちるさんと何か関係があるのか?と
気になっていましたが、先日、城みちるさんが出演されているローカル番組で
この「じょうみち丸」が出ていました。
城みちるさんの同級生が経営する谷原商船が船名を使う事と絵を描く事を
城みちるさん本人にお願いして実現したそうです。
昨年9月就役当時はイルカの絵だけだったのですが、城みちるさんの絵が
追加されました。
クリックすると元のサイズで表示します
船籍も広島県呉市です。
「じょうみち丸」は主に呉〜福山〜水島の航路などで就役している様です。

「じょうみち丸」の今後のご安航とご活躍をお祈りいたしております!
12

2018/3/29

ハリウッド?  

先日、大分県豊後高田市を訪れた際、最寄りの日豊本線宇佐駅に
降りたったところ、宇佐駅から眺めることのできる山に突如現れた
ハリウッドさながらの「USA」の看板。
誰がいつ建てたかわかりませんが、今まで気が付きませんでした(汗)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ここはアメリカ? パクリっぽい看板ですが・・・(笑)
色々とネットで調べると、この看板のあるところが栗山で、
アルミ製の板を100枚使用した手作りらしいです。
展望台と広場も整備し、夜はライトアップされるようです。

宇佐駅の駅名標をアメリカ合衆国の国旗っぽいものに変身した事を
以前、当ブログでも紹介しましたが、
宇佐市内には「自由の女神」もあるらしいです。

大分県宇佐市は、アメリカ建国の800年以上前からあるので
その地名を英語表記しただけで何ら問題はないそうです。
0

2018/3/27

昭和の町散策  豊後高田市 昭和の町

先日3月18日、大分県豊後高田市で行われた第14回「昭和の町」レトロカー大集合では
昭和の町にある商店街も散策しました。
私は大分県豊後高田市を訪れるようになって9年になりますが、
お世話になっている方々の一部からは「おかえりなさい」と言われるまで
なってしまいました。
また、訪れる度に新しい発見もあります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
昨秋公開された東野圭吾原作の映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のロケで
使われた建物ですが、定宿近くにあったのですが、
今回訪れたら解体され更地になっていました。
しかし、商店街を散策していると中央通り商店街に建てられてました!
移築ではなく新たに建てられたものでバリアフリー対応でスロープ付き!
映画に出て来た牛乳箱もありますよ!
前日夜にココ通ったんですが、気が付かず(汗)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
昭和ロマン蔵には映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のセットの一部や
劇中使用されたクルマも展示されていました。
クリックすると元のサイズで表示します
3月10日から公開している「坂道のアポロン」でも、
長崎県佐世保市と長崎市の他に大分県豊後高田市でもロケが行われました。
新町1丁目商店街にある電機屋さんも映画に登場したお店の一つ。
「坂道のアポロン」まだ観に行けていない。
クリックすると元のサイズで表示します
新町2丁目にある店舗には大交北部バスの前身、高田観光バスの停留所の丸板が
展示してありました。
今まであるのを知らなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
昭和の町の顔ともいえる松田はきもの店の看板犬ゆきちゃん
14歳とおばあちゃんワンちゃんですが、店先で看板犬を務めてます。
当日も元気に吠えてる姿を見る事できました。
クリックすると元のサイズで表示します
第14回「昭和の町」レトロカー大集合では
2009年7月に福山自動車時計博物館から豊後高田市にお嫁入りして
「昭和ロマン号」として活躍しているボンネットバスいすゞBX141も
通常の週末同様に昭和の町周遊コースでボンネットバス試乗会が行われました。
いすゞBX141が豊後高田市にお嫁入りして今年7月で9年目になります。
試乗会は11時から14時半まで行われ、毎回満員で運行され盛況でありました。
クリックすると元のサイズで表示します
今年も乗車しました。
いつものようにガイドさんのトークが炸裂!
終始笑いが絶えない車内で有りました。
クリックすると元のサイズで表示します
映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」に登場した魚屋とBX141
クリックすると元のサイズで表示します
二代目餅屋清末「杵や」前にて
ここのそばせんべいが美味しんですよ!
クリックすると元のサイズで表示します
この季節一番の人気商品「いちご餅」を購入しました!
人気商品で早々と売り切れるので、今年も取り置きして貰い、
そばせんべいと共にお土産で買って帰りました。
クリックすると元のサイズで表示します
今回も「昭和の町」駐車場横にある 「からあげ壱気(いっき)」を訪れました。
美味しく頂きました。
「昭和の町」レトロカー大集合の開催と重なり多くのお客さんで繁盛していました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
大分県豊後高田市が所有しているマイクロバスに豊後高田市の名所やお祭りの
写真がラッピングされてます。
今回、初めて市役所の臨時駐車場から会場までシャトルバスが運行され、
シャトルバスで使用されていました。

紹介しきれませんが、今回も色々と散策できました。
次はいつ訪問となるかわかりませんが、また訪れたいと思います。
2

2018/3/24

第14回「昭和の町」レトロカー大集合が開催されました  クルマネタ

先日3月18日、大分県豊後高田市で第14回「昭和の町」レトロカー大集合が
開催されました。
クリックすると元のサイズで表示します
前日までの天気予報では、あまり良くなかったのですが天候に恵まれ
多くの観光客やイベント目当てで来られた方で賑わいました。
クリックすると元のサイズで表示します
今年は120台がエントリー。
エントリーしていたクルマ全てを紹介できない為、個人的に気になったクルマを
中心に一部のみ掲載します。
クリックすると元のサイズで表示します
マツダ T2000 ロングボデー
木材屋さんで現役として使われてます!
クリックすると元のサイズで表示します
トヨタ 4代目ダイナ
畜産業者で現役として使われてます!
クリックすると元のサイズで表示します
ダットサン キャブライト 消防団車
数年前まで現役で使われていたようです。
クリックすると元のサイズで表示します
マツダ B360
激レアな初期型
クリックすると元のサイズで表示します
ニッサン 3代目ブルーバード ワゴン
珍しい北米仕様
クリックすると元のサイズで表示します
トヨタ トヨペットコロナ
3代目のモデルです。
お世話になっている方で現在は引退された
元商工会議所青年部の方が持ち主だったとは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
トヨタ 初代カローラ
クリックすると元のサイズで表示します
ニッサン 3代目グロリア
クリックすると元のサイズで表示します
スバル R2
てんとう虫の愛称で親しまれてましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
ホンダ S800
助手席に柴犬を乗せてやって来てました。絵になってますね。
クリックすると元のサイズで表示します
フォード モデルA チューダーセダン
1928年(昭和3年)製で自走可能!
クリックすると元のサイズで表示します
メルセデス・ベンツ SL500
3代目のモデル
福山市から某会の会長様がエントリーされておりました。
クリックすると元のサイズで表示します
ローバー ミニ
ピックアップトラックがあるのは知りませんでした(汗)
クリックすると元のサイズで表示します
会場ではオーナーさん紹介などの他、大分県内で活躍するバンドなどの
ライブも行われました。
別府市を拠点に活躍される「ヒットパレーダーズ」のライブでは
大盛り上がり!
「ヒットパレーダーズ」はアメリカンヒットポップスから日本のGSナンバーなど
別府市内のお店で演奏されています。お店には1度行ってみたい。

この他にも多くのクルマがエントリーされておりました。
全て掲載できないのが残念であります。

最後になりましたが、「昭和の町」レトロカー大集合の運営に携わった
豊後高田市商工観光課 豊後高田市商工会議所青年部
豊後高田市観光まちづくり株式会社の皆様、先日はお疲れ様でした。

おまけ
会場周辺の会場駐車場でも収穫がありました。
撮影した中でこの2台を紹介。
クリックすると元のサイズで表示します
ニッサン スカイライン
3代目モデルのバンです。
クリックすると元のサイズで表示します
ニッサン キャラバン
初代モデル!
コレを見掛けた時はおったまげ!

当日、日帰りで来られたindigo linerさまも自身のブログで今回の
一部始終を綴られています。併せて御覧ください。
http://happy.ap.teacup.com/applet/indigo-liner/20180323/archive
2

2018/3/17

初めての上野動物園  旅行

東京遠征2日目の3月11日は上野動物園に行ってきました。
ほぼ1年に1回は東京に行っていますが、意外にも上野動物園に行くのは初めて。
目的はジャイアントパンダのシャンシャン(香香)を見に行ってきました。
上野動物園では、昨年2017年6月12日生まれのシャンシャンの一般公開を
2017年12月19日から母親「シンシン」と共に事前申込による抽選制で
公開していましたが、
母子の健康状態が安定しているため、2018年2月1日からは観覧時間を延長し、
9時45分から16時45分まで公開となり、観覧方法も当分の間、観覧方法を
整理券制による先着順に変更ということで整理券を貰えるかどうか
わかりませんでしたが、
宿泊先のホテルをチェックアウトした後、開園前に上野へ向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
開園1時間前に上野動物園に到着すると、この人の多さ!!
皆さん、整理券を貰う為に並んでました。
人が多い事は予想はしてたけど、ここまで多いとは!
クリックすると元のサイズで表示します
開園10分後でこの辺り。
チケット売り場までもう少し。
この辺りで既に午後からの整理券が配られていました。
クリックすると元のサイズで表示します
無事に整理券をゲット! しかし、中途半端な時間。
入場券もシャンシャンとお母さんのシンシン
記念にもなるので捨てずに持ち帰りました。
整理券を見せれば再入場できるという事で園内を一回りして、
一旦出る事にしました。
それにしても園内は人が多くて動物によってはゆっくり見れないし!
これも赤ちゃんパンダのシンシン効果でしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
開園1時間もしないうちに整理券は配布終了。
クリックすると元のサイズで表示します
ライオン ちょっと痩せすぎ?
クリックすると元のサイズで表示します
アムールトラ
クリックすると元のサイズで表示します
ニシローランドゴリラ
昨年秋生まれた赤ちゃんを抱いてました。
クリックすると元のサイズで表示します
マレーグマ
クリックすると元のサイズで表示します
プレーリードッグ
クリックすると元のサイズで表示します
園内は東園と西園がわかれており、モノレールも運転されています。
クリックすると元のサイズで表示します
フンボルトペンギン カメラ目線で動かず。
クリックすると元のサイズで表示します
ヒガシクロサイ
クリックすると元のサイズで表示します
ハシビロコウ
ほとんど動かないで有名な鳥ですが、訪れた日は良く動いてました。
クリックすると元のサイズで表示します
一回りした後、一旦出て別の予定を済ませて集合時間に合わせて再来園。
入口近くで見掛けた郵便ポストもパンダ仕様

時間になり、パンダ舎前で受付を済ませ入場を待ってパンダ舎に入りました。
パンダ舎内では係員の指示に従い、約20名ごとのグループに分かれて観覧、
パンダ舎内の観覧通路ではグループごとに係員が誘導して4ヵ所で見れますが、
各観覧スペースでは30秒間ずつの観覧でした。
クリックすると元のサイズで表示します
お母さんのシンシン 13歳
クリックすると元のサイズで表示します
活発に動いてました。
屋外には赤ちゃんパンダのシンシンが居ない。
クリックすると元のサイズで表示します
室内にいました。
木の上に居るのは赤ちゃんパンダのシンシン
クリックすると元のサイズで表示します
背中を向けて寝てるじゃないの!
寝ている姿も可愛い!
見れただけでもヨシとします。
クリックすると元のサイズで表示します
お父さんのリーリー 13歳
お父さんも寝とる!
まるでオヤジが寝てる姿
お父さんのリーリーは整理券なしで見れます。

実はパンダを生で見るのは初めてでしたが、可愛かった。
滞在時間はわずかではありましたが、見ごたえが有りました!
見れなかった動物もいましたし、また機会あれば上野動物園に
行ってみたいと思います。

この後は、新宿などに行き疲れたので早目に羽田空港へと向かいました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ