2013/11/22

今年2回目の豊後高田市  豊後高田市 昭和の町

今回から2回にわけて11月17日午後から大分県豊後高田市を再訪した時の模様を
UPします。
今年は3月に第9回「昭和の町」レトロカー大集合で訪問して以来、2回目。
広島空港で全日空B747ジャンボジェット撮影後、新幹線とソニック乗り継いで
大分県豊後高田市に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
小倉からのソニック(883系)はグリーン席に乗車。
クリックすると元のサイズで表示します
かぶり付き(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
宇佐神宮と豊後高田市の最寄駅でもある宇佐駅で下車。
階段を下りると、
萌えキャラの巫女さんが描かれたレンタカー屋の看板がお出迎え。
宇佐駅は何度か利用してますが、今まで気が付かず。
駅にはぜんぜん似つかわしくない萌えキャラの看板?と思いました。
帰宅後、調べてみたら、
「おおいた萌えおこしプロジェクト」の「宇佐美 神奈(うさみ かんな)」という
キャラだと言うことが判明。
大分県内にある18市町村それぞれをモチーフにした萌えキャラを作成し、
それを自治体や公共団体に使ってもらって地域を盛り上げていこうというものです。
看板は2011年7月に設置されていた。
当然、豊後高田市もあるようで、こちらはバスガイド
詳しくは↓
http://moemore.jp/index.html
バスで豊後高田市に向かうと、大交北部バス高田営業所と昭和ロマン蔵の展示場に
ボンネットバスBX141が不在。
事前に運行表を確認していたが、訪れた日は日曜日ではあるが運行が無い日でした。
変更になったのかな?
と思いつつ、ボンネットバスのりばに向かう事にした。
クリックすると元のサイズで表示します
ロマン蔵であげパンの幟が目にとまった。
一つ購入し美味しく頂いた。
クリックすると元のサイズで表示します
ボンネットバスのりばに行ってみるとバスはいました。
運転手さんに話を聞くと、豊後高田市香々地方面に行く為に昭和の町周遊は
お休みだった様です。
一旦、昭和の町に戻った際に、急遽、昭和の町周遊を行ったとの事でした。
クリックすると元のサイズで表示します
相変わらず観光客に人気です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
一旦、車庫に戻り給油と掃除を済ませて香々地にお客さんを迎えに行かれるとの事で
車庫に戻る際にイチョウ並木と絡めて撮影しました。
クリックすると元のサイズで表示します
給油と掃除を済ませて出発する所をお見送り
クリックすると元のサイズで表示します
昭和の町のアイドルともいえる松田はきもの店の看板犬のゆきちゃん(柴犬)に会いに
行ってみた。
元気な姿を見る事できました。
この後、お世話になっている商工会議所青年部の方にお会いしました。
お祭りという事で既に飲んでおられた。私ももちろん飲みました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
今回宿泊したのは以前、宿泊した事が有るホテル清照
お祭り開催だけあり、ココともう一つのホテルは満室であった。
クリックすると元のサイズで表示します
コロッケが美味しいお肉屋さんの看板を見た時にあれ?と思った。
クリックすると元のサイズで表示します
ドラマ撮影で店名が変えられていた。

現在、NHK大分放送局制作で来年3月にBSプレミアムで放送される
豊後高田市「昭和の町」を舞台にしたドラマの撮影が
行われています。
詳しくは↓
http://www.nhk.or.jp/oita/drama2014/index.html

放送が楽しみでありますが、うちにはBSが無かった(汗)

クリックすると元のサイズで表示します
今回も二代目餅屋清末「杵や」さんでそばせんべいなど購入しました。
先月末に解禁された豊後高田そば(秋そば)をそば屋さんで食べる予定でありましたが、
今回はそば食べる機会がありませんでした(泣)

次回は「若宮八幡秋季大祭・裸祭り」の模様をお送りします。

つづく・・・

おまけ
クリックすると元のサイズで表示します
豊後高田市「昭和の町」駐車場で撮影したサンデン観光のセレガ
思わぬ収穫でした。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ