こんにちは、遊行寺たまです。
漫画のしごとをしたり、しなかったりしています。
「プラスシー」とか「テル・セル」とか描いていました。

このブログは、日記とからくがきとかをかいてのんびりするところです。
現在新規のコミカライズのお仕事は募集していません。

2018/7/27

「FEif ニーベルングの宝冠」について  小ネタ・設定等

クリックすると元のサイズで表示します

7月25日に「FEif ニーベルングの宝冠」下巻が発売されました。
最終話掲載から単行本の入稿締め切りまで間がなくてかなり大変だったのですが、なんとか間に合ってよかったです〜!

このコミカライズは、読んで辛い思いをする人がなるべく少なくなりますように…と思って、時間とページ数の制限のある中で私にできる限り頑張って描きました。やはり届かないところはあって申し訳ない気持ちはあるのですが、そんな至らない中でも少しでも楽しんでいただけたならとても嬉しいです。

コミカライズを書かせていただくことになって、色々なお話の候補の中から編集さん&ISさんとの話し合いの中で透魔ルートをレオン視点で描くということになったのですが、
透魔ルートでは、マークスとレオンが加勢に来てくれたのは本当に嬉しいけど、二人ともここに来てしまって暗夜王国は今どうなっているのかな?ガロン王の元で国民大丈夫?とドキドキしたので、きょうだいの別離と再会の物語の裏側でその辺りにスポットを当ててみました。そこに踏み込んで描くことにOKをくださったISさん、ありがとうございました!!!

そんな感じで…少しの間コミカライズについての思い出など書いていこうと思います〜


本日の画像はツイッター上での単行本発売お知らせ絵の一枚です。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ