こんにちは、遊行寺たまです。
漫画のしごとをしたり、しなかったりしています。
「プラスシー」とか「テル・セル」とか描いていました。

…このブログは、お仕事に関する情報や
設定小ネタ、訂正したい誤植
その他、日記などを書いて行くためのブログです。

2018/7/29

「FEif ニーベルングの宝冠」について 3  小ネタ・設定等

クリックすると元のサイズで表示します

あとがき的なもの その3です


レオン主人公でラストが実質透魔17章なので、コミカライズ上のラスボス(レオンにとっての最終障害てきなニュアンスです)はマクベスになっています。

当初のプロットでは微妙なところでマクベスはフェードアウトしてラスボス(?)はなんとなくノスフェラトゥの群れとかになる予定だったのですが(実は最終回も元々はレオン達がカムイの元へ駆けつけてすぐに「俺たちの戦いはこれからだ!!」みたいに終わってしまうような感じの予定でした)思いの外ガロンが出てくる場面でよくマクベスが出てきていたので、レオンの物語的にもノスフェラトゥよりマクベスの方が何か意味のある敵役になるのではないかと思い、変更しました。
(その辺りのあおりを食らって枚数的にガンズさんの登場シーンをどんどん削ってしまったので、ガンズさんには申し訳なかったなと思っています…。最後の最後までカムイとの対決シーンを入れようと頑張ったのですが思っていたより最終話のページ数が少なくなってしまったので無理でしたー!!アクアについては掌篇を描いてからまた改めて…)


マクベスに厩舎係のあの子のお父さんの影響っぽい何かが…というのはニーベルング捏造設定なのでゲーム本編ではどうなのかわかりません…すみません…(あとすみません、最終話で厩舎係のあの子のお父さんに入ってる謎の模様は竜モードの模様やDLCの人間体3Dモデルでの体部分の闇色の雰囲気をイメージして描いたものです〜)
そんなわけなのですが、ニーベルングのレオンからしてみると、マクベスがいつ頃からあの子のお父さんの影響下にあったのかが全くわからないため、毛嫌いしていた人格自体がもしかしたらマクベス本人のせいではないのかとレオンが推測してしまったとしたら、彼を塵にしたことは時々思い出した時に心を刺すちいさな棘になるのかもしれないなと思いました。

ところで、暗夜王国と白夜王国の「軍師」という地位ですが、ニーベルングの宝冠においては「元帥」兼「王の相談役」みたいな感じで解釈させていただきましたー



本日の画像もツイッターでの発売お知らせ絵です。
15話のイメージ絵みたいな感じで、レオンが剣と魔道書を持っています。
ニーベルングの宝冠の”ニーベルング”とは、冥界になぞらえた暗夜王国のことですが
マクベスもまた、その宝冠(王権)に迷わされてしまった存在だったのかなと思いました。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ