教師って?  

 大分合同新聞に連載中の教師についての記事を時々読むが・・・

教師の資質が低下したような記事と、現場教師の仕事の大変さを訴える記事がある。

これって、要するに教師の資格(能力)もない人が教師になってるから

大変なだけであって、当然のこととして立派にやってのけてる教師の方が

圧倒的に多い・・・・と、思ってる。

 極一部の資格のない教師が紛れ込んでることが、今の教育業界のイメージを

低下させてしまっている。

 同じ教育者として、いつも感じることは、意識の問題ではないのか・・・。

そもそも資質の低下・・・・が抽象的だし、・・・。


 うちの子が幼稚園に通っているが、昨年は何にしても連絡が早かった。

今年はいつも直前に連絡が来る・・・。

例えば、相手の立場に立てば、改善できそうなことでよいとか、悪いとか

保護者は判断する。

 イメージアップするのは そんなに難しいことでもないのだけど、

制度改革とか、免許がどうのこうの・・・言ってるようじゃ、いつまで経っても

事件?不満?はなくならない。

 今、安波くんが帰っていった。

うちで大学の数学を勉強している。

今、うちで生涯学習をやっている。

英会話に数学に・・・歴史、映画、音楽、哲学など・・。

安波くん、いい友達を持ったもんだ・・・。

塾でアルバイト講師をやっていて、学校現場に入っていった先生も

もう10人は越える。

その逆パターンも少し・・・・。

教務力云々よりも、やはりお互いが楽しく授業できるかがポイント。





AutoPage最新お知らせ