2011/5/2

茨城へ  

次男が陶芸家を目指して茨城に一人住まいをするようになって3ヶ月近くになる。


昨日、そこに行って来た。

先月29日(金)のニュースで 「笠間陶炎祭(ひまつり)に5万人」 というニュースを見て息子に電話をしてみた。

お世話になっている陶芸家が出店をしていて、その手伝いをしていると言う。

ならば挨拶がてら行ってみようということになった。


笠間陶炎祭の公式ホームページはコチラ

http://www.himatsuri.net/about/index.php



クリックすると元のサイズで表示します

200軒以上の陶芸家、窯元、地元販売店などが出店しているらしい。

各ブースはテントで仕切られている。


クリックすると元のサイズで表示します

ここが息子の師匠である森田氏の“陶・654”のブース




クリックすると元のサイズで表示します

実用的な器のほかに見て楽しむ器も多い。



となりでカフェをやっているが、やってくる人たちは気さくで良い人ばかり。

息子も皆に可愛がられているようだ。

ソフトウエアのサラリーマンよりこういうほうが息子には合っているのかもしれない。




茨城農産物応援コーナー

クリックすると元のサイズで表示します

ここで山芋と椎茸を購入。



帰りに息子のアパートに寄る。

3階建ての3階で西日の当る部屋だが家賃の割りには上等な部屋だ。

1階で肉屋と食堂を営む大家さんにご挨拶。

大家さんも穏やかな良い人。

息子も良くしてもらっていると言う。

メンチカツととんかつを購入。

地震で壁やガラスも割れたそうで修理中だった。



来る途中で、屋根瓦がくずれてブルーシートで覆ってある家を何軒も見た。

おそらく屋根だけでなく家の中にも相当の被害があるのだろう。

ニュースでは宮城や福島の様子をよく見るが茨城や千葉の被害も大きい。

改めて今回の地震の大きさを痛感する。




帰ってきて早速買ってきた器でビールを呑んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

陶の器はきめの細かい泡が出来てビールがいっそう美味しく感じる。

ツマミは大家さんのところで買ったメンチカツ。

クリックすると元のサイズで表示します

ソースはこちらに。





地震や放射線による影響、そして陶芸家としての将来性など心配は尽きないが、少しは安心の出来た1日だった。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ