2012/5/25

熱帯魚  

20年ぐらい前だと思いますが熱帯魚を飼ってた事があります。


当時はインターネット環境も無く、飼い方と言ったら「熱帯魚飼育の全て」的な本を買って調べるか、専門店で相談するしか有りませんでした。

しかしその専門店ていうのが殆ど愛想の無い人で、質問なんかしづらい雰囲気・・・



結局、メンテナンスが大変でやめちゃいました。(>_< )イヤッ( >_<)イヤッ

もっと、手軽に出来たら女性の愛好家だって増えるだろうに・・・




ところが最近、街で綺麗に手入れされた水槽を見掛けるようになってきました。

ネットで調べると「初心者向けお手軽セット」みたいな物が出ているんですね。




で、買っちゃいました。「悩まない!フルセット ポッキリ大特価1万円!

なんと水草どころかお魚までセットになってます。




届いたのがこちら。


アカヒレです。

クリックすると元のサイズで表示します



水槽の大きさは30cm




まず水槽を水で洗って、そこに砂を入れます。

砂もよく洗っておきます。

水草の巻きつけてある流木を入れて、温度計とヒーター、そしてライトと外掛け式フィルターをセット。



おっと、まずい!(・Θ・;)アセアセ…

電源が3つも必要だ〜



大急ぎで近くの電気屋さんへ。

差込が3つ付いた延長コードを買ってきました。



よし、準備OK!


砂が舞い上がらないように静かに水をいれます。


水道水はそのままでは使えないので1日汲み置きした水か、セットに入っているカルキ抜きを入れた水道水を使います。

もちろんここでは後者です。


お湯を混ぜて水温を上げておいた方が早く適温になります。




初めにお見せしたポリ袋に入ったアカヒレを、袋ごと水に浮かべて温度を合わせます。

魚が驚かないように袋の中に30分ぐらいかけて、少しずつ水槽の水を入れます。


クリックすると元のサイズで表示します

魚が自然に水槽の中に出てくればOKです。


そうそう、このアカヒレ、非常に丈夫な魚でパイロットフィッシュと言われ、その日のうちに水槽に入れても大丈夫なのですが、普通の熱帯魚だと1週間は入れられません。



そんな事、20年前の参考書に書いてあったかな〜





は〜い、完成です\(^▽^)/

クリックすると元のサイズで表示します


なんか淋しいな〜(w_−; ウゥ・・


これでもアカヒレ10匹、泳いでいるんですよ〜






そして2週間、今日の水槽です。

クリックすると元のサイズで表示します


水草を増やしました。


根が良くつくように砂も増やしました。




クリックすると元のサイズで表示します

アカヒレ、メダカぐらいの大きさですが、目から尾ひれに掛けて一文字に青く光ります。



今度は少し、お魚も増やしましょう。




あっ、これは第一段階なのですよね。

ただ今、60センチの水草水槽を準備中です。



えっ?水草水槽って?

それはまた次回。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ