2020/9/15

散歩点描 10 木の実草の実  さんぽ

クリックすると元のサイズで表示します
9月半ばになって、ようやく涼しくなった。

先日また植物園に行った。
8月末に年間パスポートを買ったので、頻繁に行くようにしている。
ちなみに1,250円だった。
入園料は一般500円、65歳以上は250円。
年間パスポートは5回分の料金で、それ以上行けばお得になる。
コロナ感染防止のための休園が明けた6月から何度も行くようになり、半額料金なので気にせずその都度払っていたが、こんなに足繁く行くならと思い購入した。
すでに3回利用している。

平日の雨もよいの天候で、入園者は少なかった
芝生広場の中央にあるパンパスグラスが最もきれいな頃だった。
クリックすると元のサイズで表示します
    あちらのご婦人もお一人で散策中

花は一段落といった感じで、代わりに木の実が気になりだした。
クリックすると元のサイズで表示します
    枳殻(カラタチ)
クリックすると元のサイズで表示します
    山ゴボウ
         クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
         クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
         ●棗(ナツメ)●先日ベンチに並んでいた栃の実
         ●早くもギンナンが落ちていた●瓢箪  

木の実といえば、ずいぶん以前に標本めいたものを撮ったことを思い出し、過去の画像を探して見つけた。
2009年秋に撮影していた。
木の実も観察すると面白いかもしれない。
でもやっぱり食べられる木の実(果実)がいいなぁ…⌒μ⌒
    クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/9/9

桔梗のつぼみ  俳句

クリックすると元のサイズで表示します
桔梗は大好きな花のひとつである。
開花した花もだが、紙風船のようにぷっくり膨らんだ蕾の形状も美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

     桔梗(きちこう)の蕾 吐息のごとひらく

子どもの頃、めいっぱい膨らんでいた蕾に触れた途端開花したことがあった。
力を入れずそっと触っただけだったので、まさに開花の瞬間だったと思われる。
ギリギリ持ち堪えていた切り取り線が裂けるように、五つに分かれていった。
長いこと息を詰め、ゆっくりと吐息を漏らしていくようだった。

桔梗は3音の「ききょう」だが、「きちこう」とも読め、俳句では4音にすることもあるらしい。
2

2020/9/3

秋の七草  

若い頃に覚えたことは意外に忘れずにいるのに、この年になって何かを暗記しようとしてもなかなか身につかない。
「春の七草」を覚えたのは中学生か高校生の時だったと思う。
短歌(5・7・5・7・7)のリズムですんなり覚えられ、今も誦じることができる。
   せり(芹)  なずな(薺)
   ごぎょう(御形)  はこべら(繁縷)
   ほとけのざ(仏の座)
   すずな(菘=蕪)  すずしろ(蘿蔔=大根)
   春の七草


散歩の時、意識して周囲の景色を見ていると、季節の移り変わりがよくわかる。
桔梗を見つけ、ススキの穂が伸びはじめた頃、「そうだ、秋の七草を全部撮影しよう」と思いたった。
ところで七種類は何だっけ?
桔梗、ススキ、萩、撫子まではわかるが…。
そこで、まずは「秋の七草」をそらで言えるようになろうと思った。
昔、なぜ「春の七草」と一緒に覚えなかったのだろう。
ネット検索すると、やはり短歌の要領で覚える順番があった。

   はぎ(萩) ききょう(桔梗)
   くず(葛) ふじばかま(藤袴)
   おみなえし(女郎花)
   おばな(尾花=ススキ) なでしこ(撫子) 
   秋の七草


ところが若い頃のようにすぐには覚えられない。
覚えたと思っても、1時間後には「あれ? 3番目はなんだっけ?」となる。
体力と並行して脳の老化に愕然としながらもなんとか覚えた。
しかし1週間後、1ヶ月後はわからない。反芻していこう。

そういう訳で、7〜8月の散歩では「秋の七草」を探しまわっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
    ハギ(萩)
クリックすると元のサイズで表示します
     キキョウ(桔梗)
クリックすると元のサイズで表示します
    クズ(葛)
クリックすると元のサイズで表示します
    フジバカマ(藤袴)
クリックすると元のサイズで表示します
    オミナエシ(女郎花)
クリックすると元のサイズで表示します
    オバナ(尾花)=ススキ
クリックすると元のサイズで表示します
    ナデシコ(撫子)

キキョウは7月初めに見つけて撮っておいたものである。
気温のせいで開花が早くなったのだろうと思っていたら、ネットに「現在は初夏の早咲き種が多く、本来の時期に自生で咲く姿はほとんど見られなくなってしまった。」という記事があった。

クズは植物多様性センターにあったが、職員のお話によると「つぼみはたくさんあったが、暑さのせいで開花する前にすべて落ちてしまった」そうである。
日陰のない場所でツルがドーム状に組まれていた。
画像は野草園の木立の中で辛うじて撮れたもの。
そこさえ花房をちゃんと留めているものはなかった。
参考までにフリー素材のクズの花を拝借した。

フジバカマも同センターにあり、「園芸店にあるものと較べると地味ですよ」言われた。
後で調べると、野生種はほとんど見かけなくなってきて、絶滅危惧種になっているそうである。
園芸店で売られているほとんどは同属他種か、本種との雑種らしい。
晴天で撮影するとハイキーで淡い藤色が捉えられず、曇りの日に撮り直しに行った。

オミナエシ(女郎花)のそばにオトコエシ(男郎花)という名前の花もあった。

ナデシコはなかなか見つからず、やっと見つけたのは植物園内のガーデンビューロー(売店)の鉢植えだった。
値札のポールが気になり。やむなく2009年撮影のものを使用した。
いろんな花びらのナデシコがあるが、この河原撫子が素朴で好ましい。

     クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
●キキョウはやっぱり紫色●クズ●クズの花のフリー素材画像
●オトコエシ●今年のナデシコ
2

2020/9/2

友を偲ぶ  

クリックすると元のサイズで表示します

9月に入った。
そして今日9月2日は友の命日である。
亡くなって2年が過ぎた。

決断力と実行力に富み、アクティブでバイタリティ溢れる女性だった。
グズグズとして腰の重い自分は何度となく彼女に背を押され、いろんな体験を共にすることができ心から感謝している。
お酒が好きで、美味しいものが好きで、旅行が好きで、他にもいろいろ多趣味の人だった。
画像の器は彼女の作品である。
形見分けでいただき、常時テーブルに置いている。
そう言えばアドレスの一部は「kikuneri(菊練り)」だった。

バッグ作りは共通の趣味で、彼女の斬新な発想、デザインは大いに刺激を受けていた。
陶器の他にも、彼女が使いきれなかった布や手芸小物をたくさんいただいている。
それらで何かを作る時、
「Zさん、あなたならこれをどう使う?」
と、心の中で尋ねている自分がいる。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ