2018/6/30

ポーランド戦0−1で負けるも…  

クリックすると元のサイズで表示します
28日、グループリーグ第3戦はポーランドに0-1で負けてしまった。
正確には0-1で負けることを選んだ。

セネガルと1勝1分け1敗の勝ち点4で並び、得失点差0で同じ、総得点4で同じ、直接対決は引き分け。
それらのの条件で決まらず、最終決定はフェアプレーポイントの差となる。
3試合で日本は警告4枚のマイナス4、セネガルは6枚でマイナス6。日本が2ポイント差で抑え、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。
サッカーに詳しくないにわかファンで、恥ずかしながら初めて知った判定だった。
リーグ戦の順位を決める時、得失点差、総得点、直接対決の結果などで順位が決まらなかった場合に適用され、イエローカードの警告はマイナス1、2度目の警告による退場はマイナス3、一発退場のレッドカードはマイナス4と決められているそうである。
「フェアプレーポイント」、何とも素晴らしい判定ではないか。

同時間帯で行われたコロンビアVs.セネガルでコロンビアが1点入れた時点の終盤、日本は無難なパス回しで終了のホイッスルを待った。
ブーイングの嵐だったがやむなしの作戦だったのだろう。
正直、自分も複雑な気持ちで観戦していた。
「真っ向勝負で行け!」というのは簡単だ。
「当たって砕けろ!」 いやいや、砕けてはダメなのだ。
日本人なら、アスリートなら、それが美学と異なるプレーなのは誰よりもが彼らが知っている。
守りに徹する布陣、イエローを貰うなという指令、まだセネガルが得点するかもしれない大リスクを負っての選択をしたのだ。

究極の采配をした西野監督はインタビューで「本意ではなかったが勝ち上がる中での戦略」」「自力ではなく他力を選択したことは悔いもある」「選手は指示を全うした」と述べていた。
選手たちを更なる高みに連れて行く闘将! カッコイイ!
長谷部選手は「見てくださった方々にはもどかしい試合だったかもしれないが、これが勝負の世界」と、
長友選手は「見苦しい試合だったかもしれないが、目標は前に進むこと。泥臭く戦いたい」と言っていた。
前回ブラジル大会で1勝もできず、インタビュー途中で泣いていた彼の言葉は重い。

トップの画像は前半32分、川島のスーパーセーブ。前試合の非難を一蹴した。
今回からVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定が導入され、微妙なプレイでも明確な結果が出ていた。
         クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さあ、16強に入っての初戦は7月3日午前3時。
相手はFIFAランク3位のベルギー。ちなみに日本は61位。
順位がなんぼのものぞ!
最速で6月中に梅雨明けし、暑い熱い7月に突入!
クリックすると元のサイズで表示します
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ