2019/9/30

ラグビーW杯  スポーツ観戦

クリックすると元のサイズで表示します

すっかり秋。
ラグビーW杯が盛り上がっていて、自分も久しぶりにロシア戦(9/20 30-10で勝利)、アイルランド戦ともに観て応援している。
アイルランドに逆転勝利した(9/28 19-12)!

若い頃はよくテレビでラグビー観戦していた。
ルールを詳しく知らなくても豪快なプレーは観ていて痛快だった。
早明戦や神戸製鋼vs.新日鉄釜石などは好カードで、スタープレイヤーが何人もいた。
とりわけ平尾誠二選手がカッコよくて大ファンだった。
ワールドカップ日本開催を、アイルランドに勝利したことを、生きていたらどんなに喜ばれただろうかと思う。

ノーサイド後、アイルランド選手が日本選手の退場を拍手で讃えていた。
こういうのがグッとくる。

明日から10月。消費税率10%になる。

************************************************************************************
10月5日 追記
サモア戦 38-19で勝利!
クリックすると元のサイズで表示します

日本は3戦3勝してプールAのトップ。
上位2チームが決勝トーナメントへ進めるのだから、スコットランド戦を待たずとも進出決定では?と思うのだが、そうではないらしい。
後学のために、スポーツ番組の解説やネットで調べたものを総合してみると、
クリックすると元のサイズで表示します

勝ち点は勝利が4、引き分けは2、敗戦は0。
これに加えてボーナスポイントがある。勝敗に関わらず4トライ以上すると1点、敗けても7点差以内なら1点を得られる。

●日本―スコットランド戦(13日)の前に行われるスコットランド―ロシア戦(9日)、アイルランド―サモア戦(12日)で、スコットランドが負けるか引き分け、またはアイルランドが負ければ、その時点で日本の2位以上が確定する。

●しかし世界ランキング上位のスコットランドとアイルランドは勝つ確率が高い。
両チームとも4トライ以上で勝ち5点を獲得すると、日本―スコットランド戦の時、アイルランドは勝ち点16、日本は14、スコットランドは10となる。
従って日本は勝つか引き分けなら1位通過する。
●万一負けてもボーナス2点を得れば、スコットランドには勝ち点で抜かれず、並んだアイルランドには直接対決で勝っているため1位となる。
●ボーナス点1の場合は、スコットランドに4トライ以上で得られるボーナス点1を与えなければ2位通過。
●4トライ以上を取られると勝ち点で並び直接対決で敗れているため、3位で1次リーグ敗退となる。
●日本がボーナス点を取れずに負けた場合も敗退が決まる。
とにもかくにもスコットランド戦まで気が抜けないのである。
もちろん応援も。

*****************************************************************************************
10月13日 追記
スコットランド戦28−21で勝利!
いざ決勝トーナメントへ!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ