2020/9/9

桔梗のつぼみ  俳句

クリックすると元のサイズで表示します
桔梗は大好きな花のひとつである。
開花した花もだが、紙風船のようにぷっくり膨らんだ蕾の形状も美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

     桔梗(きちこう)の蕾 吐息のごとひらく

子どもの頃、めいっぱい膨らんでいた蕾に触れた途端開花したことがあった。
力を入れずそっと触っただけだったので、まさに開花の瞬間だったと思われる。
ギリギリ持ち堪えていた切り取り線が裂けるように、五つに分かれていった。
長いこと息を詰め、ゆっくりと吐息を漏らしていくようだった。

桔梗は3音の「ききょう」だが、「きちこう」とも読め、俳句では4音にすることもあるらしい。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ