2020/9/3

秋の七草  

若い頃に覚えたことは意外に忘れずにいるのに、この年になって何かを暗記しようとしてもなかなか身につかない。
「春の七草」を覚えたのは中学生か高校生の時だったと思う。
短歌(5・7・5・7・7)のリズムですんなり覚えられ、今も誦じることができる。
   せり(芹)  なずな(薺)
   ごぎょう(御形)  はこべら(繁縷)
   ほとけのざ(仏の座)
   すずな(菘=蕪)  すずしろ(蘿蔔=大根)
   春の七草


散歩の時、意識して周囲の景色を見ていると、季節の移り変わりがよくわかる。
桔梗を見つけ、ススキの穂が伸びはじめた頃、「そうだ、秋の七草を全部撮影しよう」と思いたった。
ところで七種類は何だっけ?
桔梗、ススキ、萩、撫子まではわかるが…。
そこで、まずは「秋の七草」をそらで言えるようになろうと思った。
昔、なぜ「春の七草」と一緒に覚えなかったのだろう。
ネット検索すると、やはり短歌の要領で覚える順番があった。

   はぎ(萩) ききょう(桔梗)
   くず(葛) ふじばかま(藤袴)
   おみなえし(女郎花)
   おばな(尾花=ススキ) なでしこ(撫子) 
   秋の七草


ところが若い頃のようにすぐには覚えられない。
覚えたと思っても、1時間後には「あれ? 3番目はなんだっけ?」となる。
体力と並行して脳の老化に愕然としながらもなんとか覚えた。
しかし1週間後、1ヶ月後はわからない。反芻していこう。

そういう訳で、7〜8月の散歩では「秋の七草」を探しまわっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
    ハギ(萩)
クリックすると元のサイズで表示します
     キキョウ(桔梗)
クリックすると元のサイズで表示します
    クズ(葛)
クリックすると元のサイズで表示します
    フジバカマ(藤袴)
クリックすると元のサイズで表示します
    オミナエシ(女郎花)
クリックすると元のサイズで表示します
    オバナ(尾花)=ススキ
クリックすると元のサイズで表示します
    ナデシコ(撫子)

キキョウは7月初めに見つけて撮っておいたものである。
気温のせいで開花が早くなったのだろうと思っていたら、ネットに「現在は初夏の早咲き種が多く、本来の時期に自生で咲く姿はほとんど見られなくなってしまった。」という記事があった。

クズは植物多様性センターにあったが、職員のお話によると「つぼみはたくさんあったが、暑さのせいで開花する前にすべて落ちてしまった」そうである。
日陰のない場所でツルがドーム状に組まれていた。
画像は野草園の木立の中で辛うじて撮れたもの。
そこさえ花房をちゃんと留めているものはなかった。
参考までにフリー素材のクズの花を拝借した。

フジバカマも同センターにあり、「園芸店にあるものと較べると地味ですよ」言われた。
後で調べると、野生種はほとんど見かけなくなってきて、絶滅危惧種になっているそうである。
園芸店で売られているほとんどは同属他種か、本種との雑種らしい。
晴天で撮影するとハイキーで淡い藤色が捉えられず、曇りの日に撮り直しに行った。

オミナエシ(女郎花)のそばにオトコエシ(男郎花)という名前の花もあった。

ナデシコはなかなか見つからず、やっと見つけたのは植物園内のガーデンビューロー(売店)の鉢植えだった。
値札のポールが気になり。やむなく2009年撮影のものを使用した。
いろんな花びらのナデシコがあるが、この河原撫子が素朴で好ましい。

     クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
●キキョウはやっぱり紫色●クズ●クズの花のフリー素材画像
●オトコエシ●今年のナデシコ
2

2020/9/2

友を偲ぶ  

クリックすると元のサイズで表示します

9月に入った。
そして今日9月2日は友の命日である。
亡くなって2年が過ぎた。

決断力と実行力に富み、アクティブでバイタリティ溢れる女性だった。
グズグズとして腰の重い自分は何度となく彼女に背を押され、いろんな体験を共にすることができ心から感謝している。
お酒が好きで、美味しいものが好きで、旅行が好きで、他にもいろいろ多趣味の人だった。
画像の器は彼女の作品である。
形見分けでいただき、常時テーブルに置いている。
そう言えばアドレスの一部は「kikuneri(菊練り)」だった。

バッグ作りは共通の趣味で、彼女の斬新な発想、デザインは大いに刺激を受けていた。
陶器の他にも、彼女が使いきれなかった布や手芸小物をたくさんいただいている。
それらで何かを作る時、
「Zさん、あなたならこれをどう使う?」
と、心の中で尋ねている自分がいる。
2

2020/6/21

父の日  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
今日は父の日。
2日早い一昨日、息子から父の日のプレゼントが届いた。
ヱビスビールの缶1ダース詰め合わせである。

実は夫は痛風の持病がある。
ビールの中では一番好きな銘柄だがプリン体含有量が多く、発症以来飲むのをやめている。
父の日やお中元に定番のように送ってくるので、
「親子なんだからぶっちゃけて『他のにして』と言おうか」と言ったことがあるが、
「いいよ。せっかく選んでくれたんだから。これくらいだったら大丈夫だよ。」
と、この時だけ大手をふって飲む。

夫がお礼のメールを送り、私からも出すのに画像を添付しようとグラスに注いで缶と並べた。
そしてカメラを向けて気がついた。
ビクにも鯛が!
たしか何百本かに1本あると聞いたことがある。
初めて実物を見た。
超レア! 超ラッキー! しかも息子からのプレゼントの中に!
夫に言うと、そのこと自体知らなかった夫も「それはすごいね」と言いながらケースを片付けようとして「ちょっとこれ見て」と指さした。

鯛が2匹のラッキーヱビスで幸福に。
通常は瓶ラベルにしか存在せず
(そうだったんだ)数百本に1本しか出会えない鯛が2匹の恵比寿様。
今回は特別に缶でお届けします。


とプリントしてあった。
父の日限定ギフトで、もれなく1ダースに2缶入っているのだった。
メーカーの販売戦略にまんまと反応してしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
19日から都道府県をまたぐ移動が緩和された。
41名(18日)、35名(19日)、39名(20日)と感染者数の多い都に限ってはどうだろう…という気もするが、都内同士そろそろ息子宅に行ってみようか。
チョコにも会いたいし。
2

2020/6/8

Googleフォトが教えてくれる  

クリックすると元のサイズで表示しますスマホでよく写真を撮る方だと思う。
ブログに使えそうな被写体だとレイアウトを考えて複数枚撮る。
アングルを変えたり、ズームにしたり引きで撮ったり、念のためにタテ位置ヨコ位置の両方撮ったり。
ブログ掲載後何枚かは削除するが、それでもだんだん増えていく。
現在使用のiPhoneXを購入する時、容量は64GBにした。
画像の保存でちょっと不安だったが、iCloudでPCに保存されるのでいいだろうと思って決めた。
しかし、いざという時手元のスマホに見たい画像がないのは困る。

そんなことを友人に話すとGoogleフォトを勧められ、アプリをインストールした。
容量無制限でバックアップしてくれる。見たい時にスマホ内で探せる。
その安心感だけで、他にもあるらしい機能は使いこなせていないが…。
そのGoogleフォトが、時々「この日の思い出」という告知をして過去の同日の画像を表示する。

クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
5月半ば、「一昨年の今日、植物園に行ったよ」と教えてくれた。
たくさんの来園者で混んでいたが、「密」という意識はなかった。
5月いっぱい休園だった植物園が6月2日から開園している。
近々行ってみようか。
      クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
同じ日、たくさんのバラの花の後に撮っていた花の名前がわからない。
それは「ハナノナ」が教えてくれる。
「ルリカラクサ(別名ネモフィラ)」と「スイカズラ」だった。

2

2020/6/4

ハナノナが教えてくれる  

クリックすると元のサイズで表示しますスマホで花を撮ることが多いが、メジャーな花以外ほとんど名前がわからない。
ずいぶん以前、PCに「花図鑑」のサイトをブックマークして検索していたが、開花時期や花の色から絞り込む方法で、たくさんの画像と照合しても確証がなかったりしてクリックしなくなった
その後、花の画像から名前を割り出すアプリを見つけたが、その時はたしか有料(けっこう高額だったと記憶している)で、「植物図鑑みたいなものだから当然か…」と諦めていた。

先日、無料アプリ「ハナノナ」の情報を得てスマホにインストールした。
撮影している時点で「花の名」を教えてくれる即効性が素晴らしい。
こういうツールを手に入れると、レンズを向けるまでもない花まで確認したくなるカメラσ^┰゜
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
「セイヨウアジサイ」    「ドクダミ」   「ムラサキツユクサ」
なんと優秀!
さらにWikipediaに飛んで詳細を知ることもできる。
クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/5/10

母の日  

クリックすると元のサイズで表示します昨日、息子から母の日のプレゼントが届いた。
カーネーションではなく、バラの花束と花瓶だった。
今朝LINEが来て、開くとバックの青空がピンクになり、スタンプのメインキャラクターのクマ(どうやらブラウンという名前があるらしい)がカーネーションを持って登場し、一瞬で消えた。

2月末に様子見に行って以来会っていない。飼い猫のチョコにも。
時々動画や静止画を送ってくれるので、それで我慢している。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



1

2020/4/12

ふるさとの春  

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
3月末に、郷里の友人(ブログあり)が実家のすぐそばにある「宮水神社」の桜の画像を送ってくれた。

その数日後、実家の母から宅配便が届き、お餅がたくさん入っていた。
4月3日が神社の春祭りで、90歳を過ぎた今も春・秋のお祭りと暮れにはお餅を作って送ってくれる。
今年は草(よもぎ)餅がなかったが、餡餅が入っていた。(画像の右3個。ほんのり小豆餡の黒みを帯びた丸餅)
このところ、お昼はもっぱら磯部焼きである。
祭りは、コロナウイルスの影響で人の集まる奉納神楽が中止になったらしい。

先日は天神山のツツジの画像を送ってくれた。
遠くに丹助岳を望む懐かしい風景である。
ふるさとは春爛漫。
コロナ禍がありませんように!
クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/3/27

3月下旬  

クリックすると元のサイズで表示します

4ヶ月もブログを更新せず放置していた。
今に始まったことでもないが…。

新型コロナウイルスで世界的に深刻な状況になっている。
2020オリンピックパラリンピックも延期となった。
冒頭の写真は先々週に夫が仕事で鳥取に行った時の羽田空港である。

桜も咲いたというのに、週末は不要不急(四字熟語としての一発変換はできなかった)の外出自粛となった。

クリックすると元のサイズで表示します
これも先々週のことであるが、ふるさとの友人が送ってくれた「空飛ぶ新たまねぎ」。
瑞々しいことこの上ない。
1

2019/9/4

チョコの誕生日  

クリックすると元のサイズで表示します

         クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
昨年夏、一人暮らしをしていた息子が「ちょっとの間戻ってもいいかなぁ」と言ってきた。
秋に異動があるかもしれず、借りている部屋の更新が7月初旬なので解約して、はっきりしてから別の部屋を借りたいとのことである。
もちろんOK! 息子が飼っている猫のチョコも来て大歓迎である
結局異動はなかったが、実家の居心地がよかったのかちょうど1年間いて越して行った。
しかし「落ち着くまで預かってて」ということで、チョコはまだ我が家にいる^▽^チョキ

8月15日が4歳の誕生日だったので、黒い皿に大好きな「CIAOちゅ〜る」を1本半使ってお祝いメッセージを描いてあげた。
昔ケーキ作りに使っていたキャンドルもあったが、それはやりすぎだと思いやめた。
苦労して描いたのに、あっという間に舐め尽くしてしまった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/3/19

空飛ぶ新玉ネギ  

4ヶ月以上もブログを更新せずに放置していた´Д`
前の記事が11月だから、年が変わり、季節は秋から冬、春になり、ぼんやりしてると元号までも変わってしまう。
自分自身が覗くこともしなかったのに、アクセス解析を見ると毎日数件の来訪者数があった。恐縮するやら申し訳ないやら…´_`

今月初めに郷里の友人から「空飛ぶ新玉ネギ」を送っていただいた。
瑞々しく茎も葉も食べられる宮崎県延岡市のブランドで、あまりの見事さに写真を撮ったのでアップしておこう。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
自然の造形のなんと美しいこと!

      クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
届いた日にオニオンスライス、翌日ぬたを作った(カニカマをプラス)。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ