2009/10/31

緑内障の症状・眼圧  緑内障

緑内障のキーワードは視神経、視野、眼圧、進行性 です。
多くの緑内障は自覚症状なしに末期まで進む。
しかし、緑内障の種類によっては自覚症状が出る。
緑内障は開放隅角緑内障、正常眼圧緑内障のように自覚症状がないのが多いが、続発性緑内障の中で急に眼圧が高くなる種類がある。
クリニックを受診された場合、問診をする。続発緑内障や急性緑内障発作の場合、霧視、虹視症、眼痛、頭痛、充血などの自覚症状がある。さらに、続発緑内障の場合、眼の外傷、眼の炎症(虹彩炎、ぶどー膜炎)、眼の手術の後、眼の感染症などの後に起こることがあるので、過去の眼の病気についての情報を得ることが診断の助けになります。早急に眼圧を正常値まで下げないと視神経のダメージが大きくなり、視野狭窄が始まり、さらに進行します。
ほとんどの自覚症状は眼圧が異常に高くなった結果起こることです。
視野欠損の自覚症状は視神経が大きく損傷されたのちに、視野狭窄が来ますので、失明に近ずいているので、即 眼圧下降治療が必要です。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ