2009/11/23

プロスタグランディン関連点眼薬  緑内障

10月5日から、2001年ごろから世界各国で使用されていたプロスタグランディン(PG)関連薬ルミガンが日本で発売された。
日本では世界に遅れること8年である。
多くの薬品は、日本に来るまでに臨床使用が多く、副作用なども調べつくされているものが多い。安心ではあるが、医学の進歩にの恩恵を得るのが遅れるのです。
ルミガンは、個人輸入で用いられ、緑内障罹患者の一部ではよく知られていた。
米国では睫毛を長くする美容液として売られ、日本でも女子高生や睫毛エステなどでブームになっていたそうです。
レスキュラを除くほかのPG点眼薬にも同様な作用がある。

PG点眼は、今後の緑内障薬物療法の中心になる。
緑内障患者には健康保険で 他の国より相当安価に入手売出来る。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ