ライブ情報♪                                                                                                                                                                                 

2008/4/8

恐るべし!!ホンダ様☆  

まずは ここ をクリックして下され〜〜!!!

さてさて、、、
例として、サックス奏者の他楽器掛け持ちパターンであるが・・・・

◎ソプラノ・アルト・テナー・バリトンの4つのうち2つ以上掛け持ち
楽器の大きさが違うとマウスピースの大きさも異なり、微妙に息の入れ方やアンブシュア等のコントロールも多少変える必要がある。楽団では足りないパートの助っ人的な役割を任されることが多く、いわゆる縁の下の力持ち!ときには芸が身を助けるどころか、不本意なパートになってしまって、芸が身を滅ぼしてしまうことも・・・
4つ全てをこなす人もいます。4つ全てをこなす前に…買うお金が…

◎サックス&クラリネット
同じ1枚リード楽器なので、指使いさえ覚えてしまえば一番対応しやすい??とはいってもクラって音出しにくいです。。クラやってた人は容易にSAXの音が出せるけど、逆は・・・。
ビッグバンド等で、ときどきSAXの人がクラリネットでソロ吹くのは目にします。

◎サックス&フルート
意外とこの掛け持ちパターンって多いです。ジャズやフュージョンやってる人によく見るかなぁ。。ボサノヴァ演奏するときにフルートへ持ち替えするパターンが多い気がします。
同じ木管とはいえ、口のカタチが違うのによく対応できるなぁ。。。ビール瓶で音出すときと同じように、、って言われても、音出ましぇ〜〜ん。

◎サックス&トランペット(トロンボーン)
木管と金管を掛け持ちできるだけでも、アタシからすりゃ天才ですわ。。しかも木管と金管でこの組み合わせは花形で美味しいですな。。

◎サックス&ピアノ等の鍵盤
小さい頃にピアノ習ってた、というのが多い。ベタといえばベタ。

◎サックス&ギター(ベース・ドラム)
吹奏楽でSAXやってた人がバンドに憧れて…っていうパターン、よく聞きます。

◎サックス&ボーカル
アタイもコレに属する?のかな。。ゴスペルでの発声練習、意外とSAXで役立ってます。。
喉をコントロールするところは共通してて、よく歌うようにSAXも演奏するように言われるのはそこですね。実際に両方やっててSAXって人間の声に近い楽器って言われるのが分かる気がします。

ほかにも色々掛け持ちパターンありますが、とりあえず今までに多く聞かれるパターンを挙げてみました。


それにしても、、
ギターに始まり、フルートにクラリネット、トランペットとトロンボーンまで、シメは歌!!
恐れ入りました、ホンダ様☆
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ