カレンダー

2019
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Muddler Matuka

マドラーミノーとマツーカのコラボレーション まさに釣れるフライと

言われちょるのが マドラーマツーカぢゃ

     クリックすると元のサイズで表示します

ストラーマー用フックにファンデーションし ワイヤーを取り付ける

フックのアイから後ろ側 約1/3はファンデーションしないでおく

     クリックすると元のサイズで表示します

セカンダリークイル(何でも可)を用意せちょく 写真のクイルは

ゴールデンフェザントのウイングのセカンダリー 左右対称のものを

選んでおく

     クリックすると元のサイズで表示します

ウイングの先端部分は残しておき ウイングの下部の部分はむしり

取っておく

     クリックすると元のサイズで表示します

ボディにシェニールを巻く シェニール以外のボディ材でも構わない

     クリックすると元のサイズで表示します

先ほど用意したクイルをフックに取り付ける むしり取っていない

部分をボディの最後尾に合わせておく クイルをボドキンなどでかき

分けて止めると綺麗に止まる

     クリックすると元のサイズで表示します

一番最初に付けてあるワイヤーで クイルをらせん状に巻き

固定する やはりここもボドキンでクイルをかき分けながら作業

すると良い 巻き終わったらストークをカットしておく

     クリックすると元のサイズで表示します

ディアヘアーをスタッカーで揃え フックに乗せスレッドで巻きつける

ファンデーションを施していないから 綺麗にフレアーするはずぢゃ

     クリックすると元のサイズで表示します

プレッシャーをかけ カリブーで同じようにフレアーさせて巻きつける

先端はスタッカーで揃える必要はない 更に同じ作業を繰り返し

ヘッドを作ってフィニッシュする

     クリックすると元のサイズで表示します

ヘッド部分を綺麗にカットしてマドラーマツーカの出来上がり

慣れると割と簡単に出来るけぇ お試しあれ


http://genesis-ot.jp/index.html


P,S

新入荷

     クリックすると元のサイズで表示します

http://genesis-ot.jp/new.html\_( ゚ロ゚)ハィここ重要


10
投稿者:監督
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ