カレンダー

2010
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Stillborn Fly

年があけ解禁まで2ヶ月をきったのぅ 今日は頼もしいフライ

のタイイングじゃ スティルボーンちゅうフライじゃが

知っちょる人も多いと思う

     クリックすると元のサイズで表示します

フックにファンデーションし テール材(グレーマラード・

レモンウッドダックなど)とコパーワイヤーを取り付ける

     クリックすると元のサイズで表示します

フックの3/4のところに ラビットを取り付ける ラビットは

綿毛と剛毛を取り除き 中間毛を使う これがウイングになる

     クリックすると元のサイズで表示します

ボディを巻きコパーワイヤーでリブを作る

     クリックすると元のサイズで表示します

ウイングケースを付け ラビットを8の字掛けして振り分ける

     クリックすると元のサイズで表示します

ボディ材を取り付け ウイングケースを被せ終了

     クリックすると元のサイズで表示します

完成した形を見れば ウイングが多すぎると違うんかぁ?と

思われるかも知れんが 使う時に十分水分を含ませるとええ

     クリックすると元のサイズで表示します

濡れるとこうなるけぇ スティルボーンは羽化に失敗した

亜成虫のイミテーション 勿論ジーロンでサックを付けても

ええ ラビットは丈夫なマテリアルでキャスティングで壊れん

鱒の歯でも切れんマテリアルじゃ オマケに安い

カラーはグレーかライトブラウンがええ 使い方はちょい沈み

で必要ならマーカーを使うとええ マーカーが無くても水面が

モッコリしたら食うちょるけぇ

解禁に向け そろそろご用意を (●゚∀゚)●。_。)ウン


http://genesis-ot.jp/

15
投稿者:GENE
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ